スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

高津市民館平和・人権・男女平等推進学習2「13回目の星空と、100回目の空の下で~震災と人権を考える」

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2024年1月23日

コンテンツ番号155658

【募集終了】高津市民館平和・人権・男女平等推進学習2「13回目の星空と、100回目の空の下で~震災と人権を考える」

 2023年度は、関東大震災から100年、東日本大震災から12年目の13回忌となる節目の年でした。多くの「命」や「人の尊厳」を危険にさらした大震災の記録や経験を、人権の視点から振り返ります。未曾有の震災の危険に向き合い「自分事」としてとらえることで、後世にどのように伝えて地域でどう支え合っていくか、一緒に考えてみませんか。


【満席となりました】

満席となりましたので募集を終了いたします。

お申込みありがとうございました。


日時

【実施日時】

令和6年2月3日~3月2日 各土曜日午後2時~午後4時

 【但し、第2回目は2月11日(日・祝日午後3時30分~午後5時30分】


会場

高津市民館 青少年科学館 他


対象・定員

中学生以上の関心のある方20名

応募者多数の場合は市内在住・在勤・在学の方 抽選

受講料

無料(ただし安全対策費・材料費は自己負担)

学習プログラム

学習内容

会場

講師

1

2

3

・オリエンテーション
・地域の地震災害研究を知る
・非常時の人権について考える

第6会議室

神奈川県温泉地学研究所 所長
板寺  一洋 

2

2

11

・地域の環境を知る
・震災特別番組(星より遠くへ)を鑑賞

生田緑地
川崎市青少年科学館

川崎市青少年科学館職員
高津市民館担当職員

3

2

17

・地域で支え合う災害への備えを考える
(ローリングストックで簡単料理)
・中間振り返り

料理室

高津市民館担当職員

4

2

24

災害とメディアリテラシー(メディアを主体的に読み解く能力)の関係や、流言による人権侵害を考える

第4会議室

一般社団法人日本新聞協会
博物館事業部
博物館担当副主管・学芸員 
菅長 佑記

5

3

2

大震災からの心の復興について考える
まとめ

第4会議室

東北大学名誉教授
東日本大震災PTG支援機構理事長
長谷川 啓三

平和・人権・男女平等推進学習2「13回目の星空と、100回目の空の下で~震災と人権を考える」チラシ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所まちづくり推進部生涯学習支援課

〒213-0001 川崎市高津区溝口1-4-1 ノクティプラザ2 11階

電話:044-814-7603

ファクス:044-833-8175

メールアドレス:88takasi@city.kawasaki.jp