スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

たまたま多摩っぷ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月15日

コンテンツ番号127057


四季折々の草花や果実、生き物などの“目線”で新しい多摩区の魅力を発見!




“たまたま多摩区を訪れた人に手に取ってほしい”
“たまたまマップを手に取ったらスポットに行ってみてほしい”
“たまたまスポットに行ったら、素敵な風景を撮影できた”
といったさまざまなエピソードと共に、
多くの方に『たまたま多摩っぷ』を楽しんでいただきたいです。

『たまたま多摩っぷ』掲載場所の地図はこちら外部リンクから

『たまたま多摩っぷ』は、多摩区役所等で配布中です。

二ヶ領宿河原堰


二ヶ領宿河原堰外部リンク
多摩川の水を堰止め、二ヶ領用水に導いています。魚の種類も豊富で、アユ、コイの他、オイカワ等がよく泳いでいます。
住所:川崎市多摩区宿河原1-5-1
アクセス:小田急線「登戸駅」より徒歩11分

 

二ヶ領せせらぎ館


二ヶ領せせらぎ館外部リンク
多摩川の防災、環境、歴史、文化に関する学習などの情報発信拠点。流域の衛星写真や資料、多摩川の魚の水槽などが設置されている。季節ごとに各種のイベントが開かれます。たまずんは、4月20日~9月末まで川崎区のカワスイ外部リンクにお引越しします。
住所:川崎市多摩区宿河原1丁目5−1
電話:044-900-8386
開館時間:10:00〜16:00(5月〜8月の土日祝は9:00〜)
休館日:毎週月曜(祝日の場合翌日)、第1・3水曜日、年末年始
アクセス:小田急線「登戸駅」より徒歩10分


かわさき多摩川ふれあいロード(多摩川サイクリングコース)


かわさき多摩川ふれあいロード(多摩川サイクリングコース)
住所:川崎市多摩区菅野戸呂~川崎市幸区東古市場1番地先(延長20.2キロメートル)

 

二ヶ領用水宿河原堀


江戸時代に完成し、川崎の発展を支えてきた用水路。川崎市内に枝分かれし、幹線延長は約18kmにも及びます。中でも宿河原周辺は桜の名所として知られています。用水路沿いには遊歩道が整備され、市民の憩いの場、来訪者の散策路として親しまれています。宿河原地区には竣工400年の記念碑が建っています。
アクセス:JR南武線「宿河原駅」よりすぐ

 

川崎市緑化センター


川崎市緑化センター外部リンク
草花が好きな人は必見の施設。四季折々の展示会や園芸などの講習会を定期的に開催しており、家庭での草花づくりの参考になるはず。園内を巡れば、季節の草花や樹木が観賞できます。また園内には芝生広場があり、子ども連れでゆっくりするのもいいです。
住所:川崎市多摩区宿河原6-14-1
電話:044-911-2177
開園時間:9:00〜16:30(11月〜2月末は〜16:00)
休園日:月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
アクセス:JR南武線「宿河原駅」より徒歩7分

 

長尾山 妙楽寺


妙楽寺
妙楽寺は中世初期には存在し、『吾妻鏡(あづまかがみ)』に登場する源家累代の祈祷所であった威光寺との関係もあり、注目を集める。通称「あじさい寺」ともいわれ、約千株のあじさいが咲き誇ります。毎年6月にはあじさいまつりが開かれます。
住所:川崎市多摩区長尾3-9-3
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口からバスで「長尾」下車 徒歩10分

 

生田緑地ばら苑


生田緑地ばら苑外部リンク
約1.5haの苑内には世界各国のバラが咲き誇ります。色彩豊かで種類豊富なバラは、開花時期に合わせて春と秋に一般公開されています。皇室にちなんだバラを集めた「ロイヤルコーナー」もあり、見どころ満載。バラの世話や施設の管理は、ボランティアにより支えられています。
住所:川崎市多摩区長尾2-8-1
電話:044-978-5270(ばら苑管理事務所/開苑期間中のみ)
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口から徒歩約20分
小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口からバス約5分で「藤子・F・不二雄ミュージアム」

 

生田緑地



生田緑地外部リンク
市内最大の緑の宝庫と言われる「生田緑地」は、2021年で80周年!市民の憩いの場として親しまれてきました。緑地内には散策路が延び、草花や野鳥など四季折々の自然を満喫。点在する多様な施設をめぐりながら、1日かけて楽しむことができます。
住所:川崎市多摩区枡形7-1-4
電話:044-933-2300(生田緑地東口ビジターセンター)
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩約20分、
小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口からバスで「生田緑地入口」下車 徒歩約3分で東口へ

 

生田緑地菖蒲園


生田緑地園内のご案内外部リンク
生田緑地には約785平方メートルの池に約2800株のハナショウブがあります。例年、6月中旬の梅雨時期に咲き始めます。

 

川崎市立日本民家園


川崎市立日本民家園外部リンク
東日本を代表する25の古民家などを集めた野外博物館。どこから写真を撮っても絵になる風景ばかり。四季折々の雰囲気を味わえるイベントも随時開催しています。
住所:川崎市多摩区枡形7-1-1生田緑地内
電話:044-922-2181
開園時間:9:30~17:00(11月~2月は16:30まで/入園は閉園30分前まで)
休園日:月曜(祝日の場合は開園)、祝日の翌日(土日祝日の場合は開園)、臨時休園あり
入園料:一般500円、高校・大学生・65歳以上300円(要証明書)、中学生以下・市内在住65歳以上無料(要証明書)
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口から徒歩約20分
小田急線「向ヶ丘遊園駅」  南口からバスで「生田緑地入口」下車 徒歩約3分で東口へ

 

枡形山展望台


生田緑地園内のご案内外部リンク
枡形山展望台からは、晴れた日には富士山やスカイツリー、東京タワーからみなとみらい方面まで見渡せます。一見の価値ありです。春には桜も楽しめます。
展望台開放時間:9:00~17:00
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」 南口から徒歩約20分
小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口からバスで「生田緑地入口」下車 徒歩約8分

 

多摩区役所1階アトリウムミニ水族館


多摩区役所1階アトリウムミニ水族館
多摩区役所では、多摩区総合庁舎1階アトリウムで、多摩区の象徴ともいえる「多摩川」に生息する淡水魚などを飼育管理しています。
住所:川崎市多摩区登戸1775-1
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口より徒歩5分
JR南武線「登戸駅」から徒歩10分

 

strawberry farm BUNKAEN


strawberry farm BUNKAEN外部リンク
多摩区枡形にあるstrawberry farm BUNKAENでは、12月ごろから5月ごろまでいちごの収穫を行っています。毎日午前中で当日直売分が完売してしまうほどの大人気!質を重視した栽培方法で、完熟「紅ほっぺ」や高級白苺「淡雪」、全国的にもまだまだ流通量が少ない、希少品種「しずくっこ」など数品種を扱っています🍓
住所:川崎市多摩区枡形1-8-12
電話:090-4373-1583
アクセス:小田急線・JR南武線「登戸駅」から川崎市バス 西菅団地行 6分「明王バス停」下車 徒歩1分

太田園


「多摩川梨」とは、東京都の稲城市や日野市、神奈川県の川崎市を中心に、多摩川流域で収穫される梨の総称。大昔、農園がある場所は多摩川だったことから、土の下に砂利があり、根が伸びづらく梨の木の大きさは小さめですが、水はけが早いおかげで感じる甘みが違うそうです。
住所:川崎市多摩区生田3-7-41

 

生田配水池展望台


生田浄水場用地を活用しようと、川崎市上下水道局が2016年に遊歩道や展望広場を整備。隣接する「生田ふれあいの森」につながる歩道は、地域住民の新たな散策スポットとなっています。
住所:川崎市多摩区生田5-30-1 生田配水池
アクセス:小田急線「生田駅」から徒歩約14分

 

稲田公園


稲田公園
クジラの遊具が沢山ある通称「クジラ公園」。緑が豊かな広大な公園で遊具も豊富でウォーキングなど大人方も利用いただけます。夏は児童プールやせせらぎを利用でき、小さな子どもから小学生まで大勢でにぎわいます。
住所:川崎市多摩区菅稲田堤2-9-1
アクセス:JR南武線「稲田堤駅」より徒歩10分

 

小沢城址


小沢城址
多摩区北西部には多くの緑地が残り、里山の風景や四季折々の自然をゆったりと楽しむことができます。点在する特別緑地保全地区は市民グループの手で管理されているものも多く、それらを結ぶように「多摩自然遊歩道」が整備され、各所に案内看板が設置されています。小沢城は、鎌倉時代から戦国時代にかけて合戦の舞台となりました。今でも空堀や物見櫓などの遺構が残っています。緑地公園として保存され、散策を楽しめます。
住所:川崎市多摩区菅仙谷1-4
アクセス:JR南武線「稲田堤駅」より徒歩14分

 

川崎市農業技術支援センター


川崎市農業技術支援センター
果樹や野菜、花きの試験農場。所内には一般公開されているエリアもあり、四季折々の花や果物などが観賞できる。市内で生産された梨とぶどうの品評会も開催しています。
住所:川崎市多摩区菅仙谷3-17-1
電話:044-945-0153
開所時間:9:30〜16:30(9月〜3月は〜16:00)
休所日:月曜(祝日の場合は開所し、翌平日に休所) 
アクセス:小田急小田原線「読売ランド前駅」から小田急バス菅高校経由京王稲田堤駅前城下方面行きでバス停「菅高校」下車 徒歩約5~6分

 

岸井梅園


約60年前、台風の土砂崩れで荒れ果てた農地を再生しようと植えられた梅の木。現在も2代目園主の岸井洋一さんが、約130本の木を守り続けています。2月中旬には、花が見頃を迎え、5月中旬の収穫期には青梅の直売も行われます。
住所:川崎市多摩区長沢2-17
電話:044-977-6107
アクセス:小田急線「生田駅」徒歩30分
小田急線「生田駅」から鷲ヶ峰営業所前行バスで「長沢団地」下車 徒歩5分

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 多摩区役所まちづくり推進部地域振興課

〒214-8570 川崎市多摩区登戸1775番地1

電話:044-935-3131

ファクス:044-935-3391

メールアドレス:71tisin@city.kawasaki.jp