スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

新型コロナウイルスと診断され自宅で療養される方へのお知らせ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年2月4日

コンテンツ番号136936

新型コロナウイルスと診断された方について

Webフォームで健康情報の聞き取りを行っています

療養中の適切なサポートの実施に向けWeb上で健康状態等の聞き取りを行っています。スマートフォンのショートメッセージでWeb上の入力フォーム「療養のための質問票」外部リンクの情報をお送りしていますので、入力がお済みでない方は、速やかに回答をお願いします。

※回答されていない場合はフォローアップが開始されませんので、必ず回答するようお願いします。

※スマートフォンをお持ちでないなど、Webからの回答ができない方へは、従来通り保健所が電話で健康状態等を聞き取ります。

「療養のための質問票」

「療養のための質問票」

健康管理

(1)日常の体調管理
療養中の体調の管理についてはLINEで報告をしていただいております。

スマートフォンをお持ちの方は、「神奈川県療養サポート外部リンク(LINE)」への登録をお願いします。
LINEアプリがインストールされているスマートフォンで開き、友達追加をしてください。

※保護者とお子様が陽性となった場合、LINEの登録は1人分しかできません。お子様については上記の療養のための質問票のみご回答ください。
お子様の健康観察については、電話(AIコール)にて行います。

神奈川県療養サポート

(2)緊急時(息苦しさがひどい場合、意識が朦朧とする等)は、119番(救急車)をしてださい。

※その際、「コロナ陽性になり自宅にいる」ことを伝えてください。

(3)療養中の健康管理の方法や留意点については、県作成の「自宅・宿泊療養のしおり」外部リンクをご確認ください。

療養期間

症状が現れた日を0日目とし、10日目までが療養期間となり、11日目が出勤・登校等可能予定日となります。
 
無症状の場合(療養期間に1度でも発症した場合は発症日から10日)は、検査を行った日を0日目とし、7日目までが療養期間となり、8日目が出勤・登校等可能予定日となります。

例)発症日が2月1日の場合、2月11日までが療養期間となり、2月12日から出勤・登校等が可能となります。
無症状の方が2月1日に検査をして陽性となった場合、2月1日を0日目として、2月8日までが療養期間となり、2月9日から出勤・登校等が可能となります。

就業制限

コロナ陽性になったことで感染症の法律により制限がかかります。

(1) 人に感染させてしまう期間は、人に会わずに療養してください。

●症状がある方

原則、発症日(無症状の方又は発症日が明らかでない方は、陽性確定に係る検体採取日)から10日間が経過した日までが療養期間となり、翌11日目に外出が可能となります。

例:2月1日が発症日の場合、翌2日を1日目とし2月11日が10日間を経過した日となり、翌12日から外出が可能です。

●無症状の方

検体採取日から7日間を経過した場合は、8日目に療養解除となります。なお、検体採取日から10日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認、感染リスクの高い場所や会食等を避けること、マスクを着用する等の感染症対策をお願いします。

(2) (1)の期間については就業制限を受け、人に会う仕事はできません(リモートワークは可)。

同居されている方について

同居されている方の自宅待機

同居の方は基本的に濃厚接触者になるため、自宅待機をしていただくようお願いします。同居の方に発熱等の風邪症状が出た場合は、医療機関(かかりつけ医)を受診してください。

※かかりつけ医が無い場合は、市新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種コールセンター(受付時間24時間(土日・祝日含む))044-200-0730までご相談ください。

濃厚接触者である同居家族等の待機期間(令和4年2月3日に変更)

陽性者の発症等により住居内で感染対策(※)を始めた日を0日目として、7日間(8日目解除)となります。
ただし、当該同居家族等の中で別の家族が発症した場合は、改めてその発症日(無症状の方が陽性の場合は検体採取日)を0日目として計算します。

例)最初の陽性者が2月1日に発症し、その日から感染対策を始めた場合は、2月8日までが濃厚接触者の待機期間となります。
その後、2月4日に同居家族が発症した場合は、2月4日を0日目として2月11日までが濃厚接触者の待機期間となります。

※ここで言う感染対策は、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しており、厳格に隔離等を行うことまでを求めるものではありません。

なお、同居家族等の待機期間が終了した後も、家族内の陽性者の療養が終了するまでは、家族内の濃厚接触者においても検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策を行ってください。
 

療養証明書の発行

新型コロナウイルス感染症の診断を受け、自宅または宿泊施設での療養を終えた方には、「宿泊・自宅療養証明書」を発行することができます。

詳しくは、市ホームページ「【新型コロナウイルス感染症】陽性の診断を受けた皆様へ」の『7 療養証明書の発行について』を参照ください。

新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ

その他、新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせは、次のコールセンターまでご相談ください。

市新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種コールセンター
(受付時間24時間(土日・祝日含む))044-200-0730

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

多摩区役所 地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所) 衛生課
電話:044-935-3310
ファクス:044-935-3394