スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「公共ホールのあり方検討にあたっての基本的な考え方」をとりまとめました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年9月2日

コンテンツ番号143092

発表日

令和4年(2022年)9月1日

概要

 川崎市では、令和4(2022)年3月に「資産マネジメント第3期実施方針」を策定するなど、資産マネジメントの取組を進めてきたところです。
 ホール機能に着目した資産マネジメントの取組として、ホールのあり方検討を行っており、今後検討を行う上での課題認識や検討にあたっての視点等を整理した「公共ホールのあり方検討にあたっての基本的な考え方(案)」として、広く市民の皆様の御意見を募集しました。
 その結果、次のとおりいただいた御意見を参考に、公共ホールのあり方検討を進めていくこととし、「公共ホールのあり方検討にあたっての基本的な考え方」をとりまとめましたのでお知らせいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局公共施設総合調整室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-1226

ファクス:044-200-3627

メールアドレス:17koukyo@city.kawasaki.jp