スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市岡本太郎美術館 新館長就任のおしらせ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月1日

コンテンツ番号127585

発表日

令和3年(2021年)3月31日

概要

今年度の任期満了をもって退任する北條秀衛館長の後任といたしまして、令和3年4月1日付けで、川崎市岡本太郎美術館の第3代館長に土方明司氏が就任いたします。

報道発表資料

■新館長プロフィール
  土方 明司(ひじかた めいじ) 
    昭和35年(1960年)神奈川県出身
    学習院大学文学部哲学科卒業

  昭和59年の練馬区立美術館に始まり、平成16年に要請を受けて転じた平塚市美術館でのキャリア  を通じ、一貫して公立美術館の運営に携わる中で数多くの実績を残す。特に、予算が限られる公立美術  館において、複数館の連携による共同事業を積極的に推進し、館長代理に就任した平成20年には、美  術館連絡協議会(全国149の公立美術館が加盟(令和2年度現在))から優れた展覧会の企画等に贈  られる「美連協大賞」の受賞者に名を連ねた。その後も3度にわたり同協議会の「優秀カタログ賞」に  輝くなど、美術館での業績が常に高い評価を受ける一方で、武蔵野美術大学においては客員教授として  後進の育成にも力を注いでいる。
  なお、父親は戦後昭和期を代表する美術評論家、美術史家として名声を博した土方定一氏で、自身も国  際美術評論家連盟(AICA)会員の肩書を持ち、活動の幅は評論・文筆の分野にも及ぶ。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室岡本太郎美術館

〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5

電話:044-900-9898

ファクス:044-900-9966

メールアドレス:25okamoto@city.kawasaki.jp