スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

企画展「太郎写真曼陀羅-ホンマタカシが選んだ!!岡本太郎の眼-」を開催します!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年7月10日

コンテンツ番号130663

発表日

令和3年(2021年)7月9日

概要

 岡本太郎美術館では、7月17日より企画展「太郎写真曼陀羅―ホンマタカシが選んだ!! 岡本太郎の眼―」を開催します。
 本展覧会は、岡本が撮影した写真を中心に掲載した『太郎写真曼陀羅』(筑摩書房、2011年)を写真家・ホンマタカシの視点から再構成する写真展です。ホンマが選んだ写真は、岡本が取材の対象として被写体に迫るように撮影した写真ではなく、取材の合間に何気なく、ついシャッターを切ってしまったように見える写真です。そういった「なんてことない風景」の中にホンマは写真の、そして岡本の世界の魅力を見出しました。多くの未発表作と岡本自身を合わせたこの岡本太郎の小宇宙ともいえるような写真群は、岡本の写真の新たな見方を発見する手がかりとなるでしょう。

《ホンマタカシ プロフィール》
写真家、東京造形大学大学院客員教授。
1962年東京生まれ。
1999年、写真集『東京郊外』で第24回木村伊兵衛写真賞を受賞。2011から12年にかけて大規模個展「ニュー・ドキュメンタリー」を日本国内3か所の美術館で開催。著書に『たのしい写真 よい子のための写真教室』(平凡社)など。

報道発表資料

1 会場   川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
2 会期   令和3年7月17日(土)~10月11日(月)
3 休館日  月曜日(8月9日、9月20日、10月11日を除く)、
        8月10日(火)、9月21日(火)、24日(金)
4 観覧料   一般900(720)円、高・大学生・65歳以上700(560)円、
        中学生以下は無料、()内は20名以上の団体料金
5 主催  川崎市岡本太郎美術館
6 助成  一般財団法人地域創造
7 同時開催 常設展「太郎さんの心の中を楽しもう!」
  会期:7月8日(木)~10月11日(月)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局市民文化振興室岡本太郎美術館

〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5

電話:044-900-9898

ファクス:044-900-9966

メールアドレス:25okamoto@city.kawasaki.jp