スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

―川崎と鉄道の歴史を3 つの「噺」で紹介― 「鉄道開業150年記念展 川崎鉄道三題噺」を開催します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年8月25日

コンテンツ番号142994

発表日

令和4年(2022年)8月25日

概要

川崎市市民ミュージアムは、「鉄道開業150年記念展 川崎鉄道三題噺」を、東海道かわさき宿交流館にて開催します。
今年10月、日本で鉄道が開業して150周年を迎えます。川崎は、最初に鉄道が通った地域のひとつです。本展では、「東アジア初」であり日本で最初に開業した新橋・横浜間鉄道、「日本初」の電鉄である京浜電気鉄道、「東洋一」と称された新鶴見操車場。この3つのトピックを主に取り上げ、鉄道の歴史における川崎の重要性や特質を紹介します。

【開催概要】
会期 令和4年10月1日(土)から11月27日(日)まで
会場 東海道かわさき宿交流館3階 企画展示室ほか(川崎市川崎区本町1-8-4)
開場時間 午前9時から午後5時まで
休 館 日 月曜(ただし10月10日(月・祝)は開館し、10月11日(火)に休館)
観 覧 料 無料

【展示構成】
第一話 東アジア初の鉄道と川崎(1872年)
第二話 日本初の「電鉄」京浜電気鉄道(1899年)
第三話 「東洋一」の新鶴見操車場(1929年)
番外編 鉄道開業100周年と川崎(1972年)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局川崎市市民ミュージアム

〒211-0052 川崎市中原区等々力1-2 市民ミュージアム

電話:044-754-4500

ファクス:044-754-4533

メールアドレス:25museum@city.kawasaki.jp