スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

商店街等の新しい生活様式に合わせたイベント等に対する補助金の募集を開始します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年11月26日

コンテンツ番号122824

発表日

令和2年(2020年)11月25日

概要

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により商店街の来客や売り上げが減少している中、商店街への人の流れを生み出し、賑わいを回復することなどを目的に、商店街団体等が自ら取り組む「新しい生活様式」に対応したイベント等を支援する「川崎市商店街魅力再起支援事業補助金」の募集を、本日から開始します。

1 補助対象団体
 (1)商店街団体
    市内に存する任意または法人格を有する商業者を主とした地縁の団体
 (2)商業者団体
    代表者と団体構成員の過半数が商店街団体に属する事業者等であり、規約を定めた任意の団体または法人の団体
 (3)市商店街連合会・地区商店街連合会
    一般社団法人川崎市商店街連合会や同法人の定款第45条に定める支部組織

2 補助対象事業
  補助対象団体が行う次の事業
 (1)活性化研究会・講習会事業
    消費者調査、専門家による講習会、振興プランの策定など商店街の振興を図る調査や実験的事業
 (2)地域貢献事業
    地域の課題解決等を目的に実施する事業
 (3)情報発信事業
    商店街の周知・アピール及び商店街の実施している事業の浸透を図るための事業
 (4)イベント事業
    地域と交流をすることで、会員店舗の認知度向上やリピーター確保等の商店街・地域商業振興に寄与する事業

4 補助率等 
  補助率1/2以内 補助上限額200万円

5 補助対象期間
  令和3年2月15日(月)~令和4年2月28日(月)

6 申請の流れ
 (1)エントリーシート提出・補助率等通知
    事業名称や見込み額について、エントリーシートを提出します。
    市はエントリー数を踏まえ各団体へ補助率と上限額を通知します。
 (2)事業計画書提出
    市から通知された補助率等を踏まえ、事業の準備開始1か月前までに事業計画書を提出します。
 (3)専門家のヒアリング・意見書交付
    市が派遣する専門家のヒアリングとアドバイスを受けます。あわせて意見書の交付を受けます。
 (4)交付申請・交付決定
    専門家のアドバイスを受け事業計画書を修正し、交付された意見書を添えて交付申請します。
    市は最終的な補助率・上限額・必要に応じ条件を付した交付決定を通知します。

7 エントリー方法
  エントリーシートを持参・郵送・FAX・Eメールのいずれかで商業振興課へ提出

8 エントリー期間
  令和2年11月25日(水)~令和2年12月18日(金)必着

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部商業振興課 商店街魅力再起支援事業担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2328

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28syogyo@city.kawasaki.jp