スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「堤根余熱利用市民施設(ヨネッティー堤根)の整備の検討に関するサウンディング調査」を実施します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年9月15日

コンテンツ番号143385

発表日

令和4年(2022年)9月15日

概要

ヨネッティー堤根は、2022(令和4)年現在、築40年が経過し、施設の老朽化が顕著になってきており、施設機能の維持、保全や修繕等の施設管理の問題が生じています。
また、余熱の供給元である堤根処理センターは、現在築40年が経過しているため、2023(令和5)年に稼働を停止し、「今後のごみ焼却処理施設の整備方針(平成23年10月策定)」に基づき建替工事を実施する予定で、堤根処理センターが再稼働するまでは余熱利用が出来ない状況となります。
こうしたことから、令和元年度にサウンディング調査を実施し、整備手法や民間活力導入の可能性について意見を伺いましたが、この度、新型コロナウイルス感染症拡大による影響等を踏まえ、改めて、
1 ヨネッティー堤根は堤根処理センターの余熱利用施設だが、ボイラーを設置し堤根処理センターの竣工を待たずに運営を再開する
2 整備及び管理運営費用の効率化を図る
の2点を整備方針として、建替えに向けた導入機能のアイデアやコスト削減の手法等について民間事業者から意見を伺うことが重要であることから、サウンディング調査を実施します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部減量推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2579

ファクス:044-200-3923

メールアドレス:30genryo@city.kawasaki.jp