スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

食用油・調味料プラスチック容器の回収実証実験を開始!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年9月30日

コンテンツ番号143949

発表日

令和4年(2022年)9月30日

概要

 川崎市、日清オイリオグループでは、プラスチック資源循環を目的とした「かわさきプラスチック循環プロジェクト」(以下「かわプラ」)の取組の一環として、家庭から排出される食用油、調味料プラスチック容器の回収実証実験を10月3日(月)より開始します。
 本実証実験では、高津区溝口周辺地域で脱炭素化の取組を集中的に実施し、脱炭素社会の実現を目指す「脱炭素アクションみぞのくち」と連携した取組として、JR武蔵溝ノ口駅周辺の4か所に回収ボックスを設置し、回収量や排出状態を把握し、効果的な回収方法や、新しいリサイクル技術の開発につなげていきます。
 なお、本実証実験は、国の「プラスチックの資源循環に関する先進的モデル形成支援事業」として実施しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部

電話:044-200-2564