スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

自動販売機横リサイクルボックスへの異物混入防止に関する実証事業を開始!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年10月28日

コンテンツ番号144730

発表日

令和4年(2022年)10月28日

概要

 川崎市では、ペットボトル等の資源循環に係る取組を推進していますが、自動販売機の横に設置されているリサイクルボックスには、異物が約30%混入※しており、リサイクルの品質や量に悪影響を与えています。
 この度、環境省及び日本自動販売協会と連携し、自動販売機横リサイクルボックスへの異物混入対策として、10月31日から実証事業を実施します。
 本実証事業では、川崎駅東口の一部エリアで、不法投棄禁止や協力依頼のメッセージを掲出することや、リサイクルボックスを撤去した際の効果検証を行うとともに、東口、西口の駅前エリアに異物削減効果の高い新機能リサイクルボックスを一斉に先行設置し、その効果検証を行います。
※全国清涼飲料連合会調べ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 環境局生活環境部

電話:044-200-2564