スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

『なるほど!ザ・川崎臨海部 ~川崎臨海部で受け継がれる土壌で芽生え育つイノベーション~』

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年11月5日

コンテンツ番号134217

発表日

令和3年(2021年)11月4日

概要

 キングスカイフロントで生まれる新しいcolorが世界の未来をかえる!!
 川崎市のブランドメッセージ "Colors, Future! いろいろって、未来!" が示す多様性の融合から生まれるイノベーションの創出を実践し、世界的な成長が見込まれるライフサイエンス・環境分野を中心に、世界最高水準の研究開発から新産業を創出する殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」。
 浅野総一郎らによる埋立事業から100年余り、日本の重化学工業の発展とともに日本経済を支え続けてきた川崎臨海部では、学術成果から知的財産を生み出し社会に実装させる、現在の産学連携に通じる試みが当時から行われており、イノベーションを生み出す土壌が既に醸成されてきていました。その土壌にあるライフサイエンスを中心とした研究機関等が集結したキングスカイフロント、そしてその中核機関であるナノ医療イノベーションセンター(通称:iCONM)を、川崎臨海部の歩みとともに「かわさき宙と緑の科学館」で初めて紹介いたします。
 ナノ医療イノベーションセンターでは、健康長寿の社会の実現に向けた最先端の研究が行われており、その一部を紹介するとともに、よりiCONMを知っていただき、参加者の声を研究に活かすための市民ワークショップを開催いたします。

1 開催日時 令和3年12月5日(日)~26日(日)
【通常展示】※期間中常時展示
・キングスカイフロントが分かるキンスカクイズや研究機関等を紹介するパネルの展示
・川崎臨海部のあゆみがわかるパネルの展示
【特別展示】※期間中の土曜・日曜(12月18日は除く)
・ナノ医療イノベーションセンター(通称:iCONM)で研究が進む最先端の科学技術の紹介 
・小・中学生及び高校生以上を対象としたiCONMによる 
市民ワークショップの開催(12月19日(日)、26日(日)限定)

2 場所 かわさき宙と緑の科学館(川崎市多摩区枡形7-1-2)
【通常展示】1階 プラネタリウム壁面スペース、2階 学習室1~3の入り口壁面スペース
【特別展示】2階 学習室1
         学習室2と3(iCONMによる市民ワークショップの会場)
3 内容 
【通常展示】健康・医療・福祉・環境の分野で、川崎市のブランドメッセージ "Colors, Future! いろいろって、未来!" が示す多様性の融合から生まれるイノベーションの創出を実践しているキングスカイフロントを川崎臨海部のあゆみとともに紹介します。
【特別展示】最先端の設備と実験機器を備え、産学官・医工連携によるオープンイノベーションを推進することを目的に設計された、世界でも類を見ない非常にユニークな研究機関であるナノ医療イノベーションセンターの活動を映像やパネルなどで紹介します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 臨海部国際戦略本部臨海部事業推進部

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3634

ファクス:044-200-3540

メールアドレス:59jigyo@city.kawasaki.jp