スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

官民6者連携による羽田空港及び周辺地域における水素利用の調査を行います!

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年11月11日

コンテンツ番号144820

発表日

令和4年(2022年)10月27日

概要

この度、本市では、日本空港ビルデング株式会社、空港施設株式会社、ENEOS株式会社、大田区、デロイトトーマツコンサルティング合同会社との6者共同で、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「水素社会構築技術開発事業/地域水素利活用技術開発/水素製造・利活用ポテンシャル調査」における「水素製造・利活用ポテンシャル調査」委託事業に対し、「東京国際空港及びその周辺地域におけるCO2フリー水素利活用モデル調査」を提案し、採択されましたのでお知らせいたします。

報道発表資料

本件に関する報道発表資料資料です。なお、共同提案者6者にて、同じ内容を同時に公表しております。

関連ページ

本件に関する国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のHPです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 臨海部国際戦略本部成長戦略推進部 カーボンニュートラル推進担当

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2095

ファクス:044-200-3540

メールアドレス:59seisen@city.kawasaki.jp