メニューを飛ばして本文へ
 Menu
教育制度
川崎市立 川崎病院 看護部 川崎市立 井田病院 看護部

教育の仕組み

教育理念

川崎市立病院の看護部は、変化する保健・医療・福祉のニーズに柔軟に対応し、専門職として常に最善の看護サービスを提供するため、一人ひとりの看護職者の自己教育力を高める継続教育をします。

教育の基本方針

  1. 看護職者は、専門職として自らの責任において臨床看護実践能力(看護実践・マネジメント・人間関係・教育環境)を開発する。
  2. 看護職者は個人能力およびライフサイクルに応じてキャリアをデザインし、その目的達成に必要な能力向上に取り組む。
  3. 看護職者は、集合教育とOJTをリンクさせ看護実践をとおし相互に啓発し合い看護の質向上に貢献する。
  4. 看護部は、看護職者が積極的にキャリア開発をしていけるように、その機会を保証、もしくは支援する。

教育の目的

専門職として社会の求める看護ニーズに応え良質な看護サービスを提供できる人材を育成する(日本看護協会基本方針)。

教育の目標

  1. 看護倫理に基づく質の高い臨床看護実践能力を発揮できる看護職者を育成する。
  2. 患者・家族の個別性に合ったより良い看護を提供できる看護職者を育成する。
  3. 経済性・効率性を考えた看護実践ができる看護職者を育成する。
  4. 集合教育とOJTをリンクさせ看護実践にフィードバックできる看護職者を育成する。
  5. 専門職業人として自己教育力を発揮しキャリア開発できる看護職者を育成する。
川崎市看護職員 募集サイト
クリックして拡大表示

臨床看護実践能力段階別到達目標

三つの能力 看護実践能力 組織的役割遂行能力 自己教育研究能力
支援を受けながらの看護実践
《ラダーIA》
看護単位における基本的な看護が、支援を受けながら実践できる チームメンバーの役割が支援を受けながら遂行できる 自己の教育的課題を発見できる
自立した看護実践
《ラダーIB》
看護単位における基本的な看護実践ができる チームメンバーの役割が遂行できる 自己の教育的課題の達成に向けた教育活動を展開することができる
日々の実践におけるリーダシップの発揮
《ラダーII》
看護単位における看護実践が自律してできる 所属する看護チームで、日々の業務の中でリーダーの役割が遂行できる 自己の教育的課題の達成に向けた教育活動を展開することができ、学びをスタッフに伝えることができる
看護チームにおけるリーダーシップの発揮
《ラダーIII》
看護単位における専門的な看護実践ができる 所属する看護チームで、チームリーダーの役割が遂行できる 自己の教育的課題の達成に向けた教育活動を展開することができ、学びをスタッフに指導することができる
看護単位におけるリーダシップの発揮
《ラダーIV》
看護単位における専門的な看護介入を評価できる 看護単位で、専門的な能力を必要とする役割または指導的な役割が遂行できる 看護単位で専門領域や高度な看護技術等について自己教育活動を展開し、学びをスタッフに指導することができる

川崎市看護職員募集サイトに関するお問い合わせ

川崎市病院局総務部庶務課 〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3847/FAX:044-200-3838

メールアドレス:83kango@city.kawasaki.jp

※診療・その他医療に関するご質問等につきましては、お受けできませんのでご了承ください

 

COPYRIGHT©City of Kawasaki. All Rights Reserved.

PAGE TOP