エックス線撮影室

 一番皆さんになじみの深い場所といえるでしょう。胸部腹部撮影はもちろん、四肢骨撮影、乳房撮影、各種造影と機器も多い部門です。

エックス線室設備紹介

胸部撮影、腹部撮影装置 胸部撮影、腹部撮影(立位のみ)に使う装置です。同じ部屋が2つ用意してあります。
外来用と入院用とに分かれていますが、混み具合で臨機応変に使い分け、待ち時間の短縮に勤めています。
ベット型装置 ベット型の装置です。この中にip(imageing plate)という記憶媒体が入っておりこの台で撮影した画像はディジタル画像として別の端末に保存しております。
ip読取装置 先に述べたipの読取装置です。この画像は救急外来のものですが、一般撮影室には同等のものが3機あります。
透視台 透視台です。放射線tv(テレビ)、またはdr(機種名から)と言う事もあります。
お馴染みな検査としては「胃透視」「注腸検査」です。
当院には3機のdrがあります。
 検査は先に述べたものの他にptcd、ercp、小児注腸(インバギ)、ivhなど多岐にわたります。
パノラマ 歯科、口腔外科領域で使われるパノラマです。
顎の撮影に用いられます。その他、左右の耳の穴を中心にした撮影にも用いられます。頭部の専用装置です。
ポータブル撮影装置 ポータブル撮影装置。病棟用の回診撮影装置です。エックス線の撮影室に来る事の出来ない患者さんの撮影をするための装置です。病棟の患者さんのベットサイドに行き、撮影します。当院には写真の病棟用のほか、icu専用、手術室専用、の3機があります。
乳房撮影装置 乳房撮影装置です。当院には、乳房撮影装置は1台のみとなっております。
eswl(結石破砕装置) eswl(結石破砕装置)です。腎結石、尿管結石の破砕をするための装置です。音の振動を伝えて石を壊すのですが、狙いを定めるためエックス線が出ます。
骨塩定量装置 骨塩定量装置です。骨粗しょう症の判定に使います。測定は、腰椎、腕の骨、大腿の骨から測定が可能です。
検査結果も保存しておけるので、計時的な変化を見ることも可能です。

PAGE TOP