当科では年間1,000件を超える数多くの手術が行われており、良性疾患から悪性腫瘍手術に至るまで幅広く対応しております。とりわけ伝統的に内視鏡手術症例が豊富であり、安全性を重視した低侵襲な手術を心掛けております。当科は腹腔鏡手術を1963年から開始し50年以上の歴史を有し、産婦人科領域に限らず全科でみても内視鏡手術の黎明期から実施している数少ない施設の一つです。さらに1984年に当科で開発された子宮鏡手術については県内県外問わず多数の患者さまの御紹介を頂いております。

産科領域について、当科は地域周産期母子医療センターとして機能しており、新生児内科/NICUと連携して母体搬送受入など、川崎市南部地域の周産期救急の拠点として貢献させていただいております。周産期専門医は4名在籍しており、ハイリスク妊娠をはじめ1,000件以上ある通常の妊娠分娩管理に関しても、高度な医療を提供できるものと確信しております。

私どもは、地域の女性の皆様のヘルスケア全般にかかわっていきたいと考え、病気を治すだけでなく、患者さんにご満足いただく良質な医療の提供を目指していきたいと考えております。

産科

外来からきめ細やかな健診を行い、患者さま一人一人について妊娠期間を通してサポートし、安全な分娩管理を行い、その後の育児まで支援しております。地域のみなさまが安心してお産ができる環境を整えていきたいと思っております。詳細はお産を希望される方へをご覧ください。

当院ではハイリスク症例に対応するために、取り扱い分娩数を制限させていただいております。分娩予約には受診が必要になります。妊娠初期にお申し出ください。また、当院での里帰り分娩を希望される方は妊娠初期に一度受診していただき、分娩予約をお願い申し上げます。

婦人科

子宮がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性腫瘍、更年期症状や月経の不調などの内分泌領域、感染症等の婦人科全般を対象としています。経験豊富なスタッフが対応いたしますので、検診や種々の検査、治療の相談、手術についてご相談ください。

外来予定

当科の診察をご希望される際は、まず午前中の初診外来を受診してください。かかりつけ医療機関の診療情報提供書をお持ちの方は、患者総合サポートセンターを通して初診の予約が可能ですので、お問い合わせください。外来は下記スタッフで診療しております。また、専門的な対応のために、手術相談外来、子宮鏡検査外来、ハイリスク妊娠外来、腫瘍のフォローアップ外来などの専門外来も設けております。

外来診療担当表