病院沿革

昭和24年 3月
病床(50床)使用許可を受け川崎市立井田病院を開設
昭和27年 3月
A・B・C病棟(木造平屋建、100床)完成、昭和電工より結核病棟委託
昭和30年 3月
D病棟(木造平屋建、50床)完成
昭和35年 5月
本館(1号棟鉄筋コンクリート3階建、70床)完成
昭和36年 7月
看護婦宿舎4寮(木造平屋建)完成
昭和43年 5月
本館(1号棟)4階増築(鉄筋コンクリート建、54床)
昭和45年12月
2号棟(鉄筋コンクリート地下1階、地上5階建、155床)完成
昭和46年 3月
看護婦宿舎(鉄筋コンクリート、3階建、5室)完成
昭和46年 7月
1号棟(旧名称本館、182床)改造完成、B・C・D病棟廃止
昭和50年 3月
2号棟増築分(2号棟東鉄筋コンクリート5階建、100床)完成
昭和50年 7月
3号棟(鉄筋コンクリート地下1階地上4階建、133床)完成
昭和54年 7月
1号棟改造により許可病床610床となる
昭和56年 3月
看護婦宿舎(鉄筋コンクリート5階建)完成
昭和56年 6月
許可病床550床となる
昭和58年10月
許可病床556床となる
昭和59年 3月
1号棟1階改造完成
昭和60年 9月
許可病床558床となる
平成10年10月
かわさき総合ケアセンター開設
平成11年 1月
許可病床552床に変更(精神6床減)
平成16年 4月
許可病床443床に変更
平成16年 4月
井田病院がんセンター開設
平成17年 4月
(財)日本医療機能評価機構の認定病院となる。
平成18年 3月
「川崎市立井田病院再編整備基本構想」策定
平成18年 8月
地域がん診療連携拠点病院に認定
平成18年 8月
(財)日本医療機能評価機構の「病院機能評価(緩和ケア病棟)」認定
平成19年 3月
「川崎市立井田病院再編整備基本計画」策定
平成20年 3月
「川崎市立井田病院改築整備基本設計」策定
平成21年 8月
1号棟解体・跡地掘削工事開始
平成22年12月
救急病院認定
平成24年1月
NPO法人卒後臨床研修評価機構認定取得
平成24年5月
新棟(Ⅰ期)開院
平成24年8月
2号棟、旧看護宿舎、新看護宿舎解体開始
平成24年8月
許可病床383床に変更
平成25年6月
緩和ケア病棟23床に変更
平成26年1月
NPO法人卒後臨床研修評価機構認定更新
平成27年4月
新棟(鉄筋コンクリート造、地下1階、地上7階、360床)全面開院
平成28年1月
NPO法人卒後臨床研修評価機構認定更新

PAGE TOP