IDASによる緩和ケア・地域連携パス

IDAS緩和ケア連携ツールについて

 IDASとNRSを指標に、患者のQOL経過を評価できるツールです。緩和ケアチームの回診、地域連携、患者の自己記録用に活用できます。Excel2003以降で動作します。
 検査データ、コメント記入欄もあるので、簡易カルテとしても、利用できます。 患者のパソコン、主治医のパソコン、往診医のパソコンに導入して、地域連携ツールとして活用できます。クラウド上において、関係者が共有するなどの利用方法もできます。
 電子カルテシステムHope-GX上のエクセルチャート機能でも動きます。井田病院の電子カルテ上で緩和ケアチームや緩和ケア病棟で利用しています。 今回、在宅ケア、地域連携、患者自身の記録などに利用できるように、公開することとしました。

利用方法

IDAS(Integrated Distress-Activities score)システム

  • excel2003以降上で動きます。
  • 回診記録反映のヘージに、必要事項を記入していきます。
  • 日付を月日に記入すると、以下自動的に、変更されます。
  • NRSとIDASのデータは、数字選択で入力します。
  • IDASの評価基準は、IDAScoreの表に記載されています。
  • NRSは、患者の自己評価、IDASは、医療者・介護者からみた客観評価です。IDASの痛みのスケールは、NRS相当ですが、病状が不良やNRSが取れなくても、医療者の評価で3段階で記録します。
  • NRSとIDASのデータは、毎日入力するようになっています。
  • データを入力すると、自動的に、IDASスコアが算出され、IDAScoreの表をクリックすると、NRSとIDASの経過がグラフ化されます。
  • IDAScoreの表には、IDAS病型が算出されます。
  • 病棟では、毎日、外来では、外来時は医師が、記入し、その他の日は、患者や家族、ヘルパー、看護師だれでも記入できます。
  • 症状コントロールの欄は、テキストとして、医師、看護師、患者が自由に記録できます。
  • 回診記録の欄は、状況にあわせて、自由に変更できます。
  • 転帰の欄も、現場の必要に応じて、自由に変更できます。
  • エクセルの表として、プリントアウトできます。
  • 印刷して、患者に手渡したり、地域連携ツールとして、連携手帳にファイリングもできます。
  • 患者のパソコンに導入して、自己記入や家族介護者に記入して利用も出来ます。電子カルテシステムHope-GXのエクセルチャートとして、利用できます。

IDASについて

  • 井田病院で開発し、利用している緩和ケアのQOL評価法です。
  • 10項目の簡易な客観評価を病棟では、医療者が行います。
  • 井田病院緩和ケア病棟と緩和ケアチームでは、日勤の看護師が、日勤最後にその日のQOL評価を行います。
  • IDASにより、QOLの経過が明確に評価できます。
  • 疼痛緩和により、QOLの回復していく様子が、目に見えて、理解できます。
  • QOLの良い時期に、退院や外出などの、良い時間を使う目安となります。
  • IDASで経過を見ていると、予後も予測できます。IDASが低下してくると、予後が悪いと予測できます

参考文献

  • 石黒浩史, 宮森正, 松田豊子, 天杉裕望, 金子早苗, 岡島重考.
    病状・日常生活統合スコア(IDA score)を用いた終末期がん患者における症状緩和の予後因子の検討. 死の臨床. 1997; 20(1): 59-63.
  • Yukari Hattori MD.Tomohiro Nishi MD, Masayuki Sato MD, Kyoko Sato MD, Ayako Takemi RN, Shoko Tsutsui RN, Yoko Metoki, RN, Hiroshi Ishiguro MD, Tadashi Miyamori MD
    International Palliative Care Network Conference 2012 . Poster Exhibition 2012
    http://www.pcn-e.com/community/pg/file/read/1452406/integrated-distress-activity-score-idas-its-concept-and-clinical-application

PAGE TOP