輸血を希望されない方へ

 当院では、患者様御自身や御家族が感染や宗教上の理由などで、輸血を拒否される場合、ご意思を尊重するように努めております。 治療に当たっては、可能な限り輸血を避けるように治療いたします。
 しかし、緊急に輸血をしないと患者様の命が失われるような場合、必要な輸血は行うことを、倫理委員会の議論を経て当院の指針と致しました。 輸血を拒否する患者様に対する当院の診療方針は、次のとおりです。

  1. 診療をお断りすることはございません。
  2. 可能な限り輸血を避けるようにします。
  3. 救命目的で必要な場合には、事前の承諾の有無に関わらず輸血を行います。

PAGE TOP