病院長就任のご挨拶

病院長野﨑 博之
2021年9月1日付けで、病院長を拝命いたしました。

私は、1999年5月より神経内科医として、当院に赴任以来、地域の諸先生方に数々のご助言をいただきながら神経内科診療にあたって参りました。その後、2013年4月に内科部長を拝命し神経内科の診療のみならず、内科全体をまとめる仕事もあわせて務め、2020年4月には副院長を拝命し、内科部長と兼務しながら務めて参りました。


新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、川崎病院は、日々の診療を止めることなく病院機能を維持するため、状況に応じて病床数を調整したほか、地域の医療従事者の皆様へのワクチン接種や、発熱されている患者さんの動線を分けるための「つつじ外来」を開設するといった独自の取り組みを実施し、早い段階で地域の医療を支える体制を整えました。

新型コロナウイルス関係以外でも、本年8月には、認知症疾患医療センターを開設し、認知症の早期発見・治療に取り組んでいます。また、ロボット手術、DBS治療といった最新医療にも力を入れています。

今後は病院長として、更に質の高い医療の提供を目指すとともに、より地域に密着した病院運営に努めてまいります。引き続き、川崎病院へのご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



2021年9月