当院の放射線治療について

放射線治療は、がん病巣部を摘出する手術と比べて、臓器の機能と形態を保ちながら治療ができる、からだにやさしい治療です。放射線治療は機械が行う治療と考えられている方も多いですが、治療機械は「道具」に過ぎず、治療は人の手で計画され、実施されます。放射線治療ではいかに上手に「道具」を使って治療を行うかが重要になります。当院の放射線治療の特徴のひとつは、高いエネルギーの放射線を発生させる装置(リニアック)と同じ部屋にCTがあり、このCTを使ってがんの場所を正確に捉えてがん病巣部を治療しています。これは画像誘導放射線治療IGRTと呼ばれる治療法になります。この他にも複数の工夫により良好な効果と副作用軽減に努めています。

当院での放射線治療は、耳鼻咽喉科や口腔外科領域のがん、食道がん、肺がん、乳がん、前立腺がん、婦人科のがん、悪性リンパ腫など他の多くの施設で実施されているがんはもちろんのこと、その他の膵臓がん、胆管がん、胃がん、大腸がん、膀胱がん、整形外科のがん等にも治療を行っています。

放射線治療の目的は、根治治療と対症治療(緩和治療:つらい症状を和らげる治療)に分けられます。当院では幅広く悪性腫瘍に対して積極的に根治目的での放射線治療を行っていますが、脳、骨、肺、肝臓、皮膚、リンパ節などの転移で生じるつらい症状に対する対症治療も積極的に行っています。

当院には優れたシステムと優れた人材を有する緩和ケア病棟があり、緩和ケア内科と連携を取りながら骨転移や脳転移などに対する対症治療を行っています。

放射線治療科での診察から治療

放射線治療科の診療は予約制となっています。診察では放射線治療の適応および治療範囲を決めるために各種の検査結果を確認します。情報が不足している際には検査を追加します。放射線治療前には、どこにがん病巣があるかを正確に把握するためにCT、MRI、PET/CTを行っています。特に最近ではMRIによる全身精査(DWIBS)を積極的に行っています。 DWIBSは造影剤を使用せずにPET/CTと同様に全身のがん病巣を見つけることができます。DWIBSを放射線治療の途中で行い、放射線を照射する範囲を変更する、放射線治療後に行い、転移や2つ目のがんを早期に発見するなどに役立てています。

根治治療は平日1日1回、1回10分程度、治療期間は5~7週間程度であり、外来通院として行うことが多いです。病巣のサイズが小さく、数が少ない場合には、病巣部位に短期間で大量の放射線を照射する治療(定位放射線治療)を行っています。同治療は3回から10回程度(多くは4、5回)で病巣を制御することができます。1回の治療時間は20分程度になります。

対症的放射線治療は5~10回程度で行っていることが多いですが、1回で終了することもあります。

放射線治療による副作用は放射線治療を受ける場所により異なりますが、重篤な副作用が生じる可能性は極めて低いです。放射線治療では、放射線を照射した場所にしか副作用は生じませんので、胸やお腹に放射線を照射して髪の毛が抜けることはありません。放射線治療部の皮膚に日焼けのような反応が生じることがありますが、一過性で治療の休止や終了後には2週間程度で改善します。

放射線治療期間中には副作用と効果を確認するために、毎週1回以上の診察を受けていただく必要があります。放射線治療による副作用を早期に発見するために採血やレントゲン撮影などを定期的に行っています。放射線治療の副作用(急性期および晩期有害事象)を減らす目的にて放射線治療中に薬剤(内服薬と注射薬)を使用しています。漢方薬は各種の症状を軽減する目的にて多く使用しています。また、当科では抗がん剤を使用することはありません。

放射線治療後も定期的に診察を行っています。

当院には放射線治療機器が1台しかないため、ご希望される時間帯での放射線治療は困難です。ご承知おきください。

高精度放射線治療システム

写真:天井に「空」がある治療室。右奥の放射線治療装置と左手前のCTを併設した高精度放射線治療システム。寝台から移動することなくCTでがんの位置を確認して放射線を正確に照射することができます。

医師紹介

福原 昇

役職 放射線治療科部長
専門分野 放射線治療
認定資格 日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
日本医学放射線学会 研修指導者
ベストドクターズ(2012年~)
所属学会 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
日本癌治療学会
日本医療マネージメント学会
日本無菌生物ノートバイオロジー学会
皆様へ一言 放射線治療に馴染みのない方も多いかと思います。放射線治療は上手につかえば副作用(有害反応)がほとんど問題になることなく悪性腫瘍の治療ができます。病期によっては十分に根治が可能であり、がんの疼痛緩和にも有用な手段です。がんの治療でお悩みの際には放射線治療をご検討ください。

放射線治療装置(リニアック)

高いエネルギーの放射線を発生させる装置(リニアック)を使って身体の外から患部にX線または電子線を照射する「外部照射」を行うことができます。臓器の腫瘍を摘出する手術と比べ、切らずに機能と形態を保ちながら行うがん治療やがんによる症状を和らげる緩和治療を行います。

治療用位置決めCT

がんの広がりや周囲の正常組織の位置を把握するために、CTシミュレーターと呼ばれる装置によってX線CTスキャンを行い、治療計画を立てます。1回転のスキャンで16列の画像収集ができ、ガントリの開口径が900㎜と広いため、放射線治療計画に特化した専用装置となっています。

KORTUC(コータック)療法について

KORTUC療法は高知大学前教授の小川恭弘先生が開発された画期的な治療です。消毒薬として知られているオキシドール液(過酸化水素水)と美容整形や整形外科などで使用されるヒアルロン酸液を混ぜた液を「がん」に注射して放射線治療を行うと放射線治療のみよりも放射線が効きやすくなります。注射は放射線治療期間中に週2回の頻度で実施します。多くの方では注射は4~8回程度となります。KORTUC療法はすべてのがん患者さんに実施できる治療ではありません。副作用として注射の後に強い痛みが2時間程度は続くことも知られています。KORTUC療法は「局所の治療」であり、全例が完治する訳ではありません。

当院では2020年8月から「何らかの理由で他の治療が困難な患者さん」を対象としてKORTUC療法を開始しました。KORTUC療法に使用する薬剤とその注射での自己負担金はありません。治療を希望され他施設からの紹介状(診療情報提供書)をご持参いただける方は初診枠で予約となります。KORTUC療法を知りたい、治療をうけるか迷っている等で相談を希望される方はセカンドオピニオン枠(自費:税込み60分以内11,000円)での予約となります。KORTUC療法が可能かどうかは診察後の判断となります。資料が不足する場合には、資料がそろった後の診察で判断をさせていただきます。電話での問い合わせはご遠慮ください。

KORTUC(コータック)療法について