スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

英国陸上チームと、市立高校の陸上部メンバーとの交流事業を開催しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月16日

世界トップクラスのアスリートと一緒に

令和元年5月8日(水)、IAAF 世界リレー2019 横浜大会(11日、12日、横浜国際総合競技場)に出場する英国代表チームと、市立高校の陸上部メンバーとの交流事業を開催しました。

英国代表リレーチームは、2017年世界陸上での金メダリスト(男子)、リオ五輪での銅メダリスト(女子)など、そうそうたるメンバーを擁しており、今回の大会でもメダル獲得を期待されるチームです。

世界トップレベルの選手とコーチに直接会える機会を得た市立橘高校、市立川崎総合科学高校、市立高津高校の陸上部のメンバーたち59人は、スタンドから食い入るように選手たちの練習風景を見つめていました。

棒高跳びの設備をセットするためにお手伝い

棒高跳びのホリー・ブラッドショー選手と

スタンドから選手を見つめる高校生

メダリストの走りを目に焼き付けます

メダリストと一緒にダッシュ

スキルクリニックでは、コーチのスティーブン・マクガイアさんから直接指導を受けました。英国選手たちも高校生の列に混じって、同じメニューをこなします。その後、グループに分かれてバトンパスリレーや、シャトルラン形式のリレーに挑戦。勝ったチームは、英国選手と「ハイファイブ」で喜び合いました。

一緒にスキップでウォーミングアップ

長身のドゥエイン・コワン選手と一緒にスキップ。「もっと高く!」とコーチ

真剣にコーチの指示を聞き取ろうとする高校生

英語を真剣に聞き取ろうとしています

シャトルラン形式のリレー

勢いあまってバトンを落とすチームも

「よく寝て、よく食べて、決して諦めないこと」

「速く走れるようになるためにはどうすればいいか教えてください」という高校生からの質問に対して、「よく練習して、よく寝て、よく食べて、決して諦めないこと」と回答してくれたのは、アニカ・オヌオラ選手でした。彼女は、リオ五輪の4×400リレーで銅メダルを獲得した走者の一人です。

高校生たちは英国代表チームから贈られたピンバッジを手に、「(週末にある)大会で自己ベストを出したい」と目を輝かせていました。

アダム・ジェミリ選手と記念撮影

アダム・ジェミリ選手

グループごとに記念撮影(フィネット・アギャポン選手)

フィネット・アギャポン選手

英国選手との記念撮影

エミリー・ダイアモンド選手

質問をする高校生

世界一流の選手に高校生から質問

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0528

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:20olypara@city.kawasaki.jp