対象疾患

  • 一般眼科(白内障・緑内障・アレルギー・ドライアイ)
  • 網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症・加齢黄斑変性症・黄斑上膜・網膜剥離);抗VEGF注射
  • 角膜・結膜疾患;春季カタル・アトピー性角結膜炎
  • 眼鏡処方

外来

初めて眼科におかかりの方は、午前10時30分までに総合受付にいらしてください。

 
午前 一般外来 一般外来 一般外来 術後検査
9時30分~一般外来
一般外来
午後 特殊検査・
レーザー
レーザー
(特殊検査)
手術 特殊検査・
レーザー
特殊検査・
レーザー

» 外来診療表はこちら

医師紹介

髙野 洋之

役職 眼科部長
専門分野 角膜疾患
結膜疾患
重症眼アレルギーなど
認定資格 日本眼科学会眼科専門医
日本眼科学会眼科指導医
所属学会 日本眼科学会
日本角膜学会
Association for Research in Vision and Ophthalmology,
Tear Film and Ocular Surface Society
皆様へ一言 Speaks fluent English

鴨狩 ひとみ

役職 眼科副医長
専門分野 眼科一般
認定資格 日本眼科学会認定 眼科専門医
所属学会 日本眼科学会
皆様へ一言  

大西 瑞恵

役職 眼科 非常勤医師
専門分野 眼科一般
認定資格  
所属学会 日本眼科学会
日本角膜学会
皆様へ一言 地域医療連携に貢献できるよう、頑張ります。

院内設備

光干渉断層計(OCT)

光干渉断層計(OCT)光干渉断層計(OCT)

無散瞳で近赤外線を利用して網膜・視神経の断面像を診ることができます。患者さんに与える負担を最小限に抑え、網膜及び視神経の詳細な情報を捉え、網膜疾患や緑内障の診断補助、経過観察が出来ます。

眼底カメラ・蛍光眼底撮影装置(FAG)

眼底カメラ・蛍光眼底撮影装置眼底カメラ・蛍光眼底撮影装置

患者さんへの説明や眼底所見の記録のために、眼底をカラー撮影します。高血圧や糖尿病などの網膜症や視神経、網膜などの病気の時に用います。
また、蛍光眼底造影検査を行うことも出来ます。これは、造影剤を静注し、眼底を連続して撮影します。眼底疾患の診断や眼内血流の循環状態の診断に用います。

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

外側から内側に動く光が見えたらブザーを押す検査(動的視野検査)で、周辺視野を含めた視野全体の形状を測定する装置です。

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計

特定の位置に明るさの違う光が出るので、光が見えたらブザーを押す検査(静的視野検査)で、主に中心約30度以内の視野を測定する装置です。

レーザー(光凝固装置)

レーザー(光凝固装置)レーザー(光凝固装置)

眼底にある網膜にレーザーを照射することによって、病気の進行を抑制したり、治療をおこなう装置です。糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜剥離、網膜静脈閉塞症などの病気に対して用います。

YAGレーザー(光凝固装置)

白内障術後のくもり(後発白内障)を取るレーザーです。ほとんど痛みはありません。