理念・方針

呼吸器外科では、肺癌、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患や、気胸などの呼吸器・縦隔領域の良性疾患に対する外科治療を担当しています。診断や治療方針については、呼吸器内科など他の診療科とも連携し、正確な診断、最適な治療法の選択を行うように心掛けています。手術法については、胸腔鏡の使用や、気管支・血管形成手技を応用した肺を温存する術式の適応など、手術手技の工夫をできるかぎり行って、侵襲や負担を少なくするように努めています。

呼吸器疾患の患者様には、高齢者や合併疾患を有する方が少なくありません。そのような患者様に対しては、総合病院であり多数の診療科の専門医による、多角的な診断、治療が可能な当院の特徴を、呼吸器外科の診療に際し生かしています。

対象疾患

  • 肺癌、肺良性腫瘍、転移性肺腫瘍(他臓器癌からの肺転移)、縦隔腫瘍(胸腺腫など)、胸膜腫瘍(胸膜中皮腫など)などの腫瘍性疾患
  • 自然気胸、肺感染症(真菌症、抗酸菌症など)、膿胸などの良性疾患

外来

≫ 外来診療表はこちら
 
午前 奥井(初再診) 澤藤(初再診)

医師紹介

澤藤 誠

役職 川﨑病院呼吸器外科部長
専門分野 呼吸器外科全般
認定資格 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会評議員
慶應義塾大学非常勤講師
医学博士
所属学会  
皆様へ一言  

奥井 将之

役職 川崎病院呼吸器外科医長
専門分野 呼吸器外科全般
認定資格 日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
所属学会  
皆様へ一言  

主な検査・機器など

  • 気管支鏡検査
  • X線撮影
  • CT
  • MRI
  • MRA
  • 骨シンチグラフィー
  • ABI
  • 呼吸機能検査
  • 超音波検査

症例・実績

手術にあたっては、川崎市立川崎病院との連携を図っています。

参考:川崎市立川崎病院の手術実績(手術件数)

  2018年 2019年
肺癌 85 100
転移性肺腫瘍 7 14
縦隔腫瘍 10 13
気胸・嚢胞性肺疾患 36 21
そのほか 24 31