はじめに

日本人の死亡原因のトップはがんによるものが第一位となり、なかでも胃がんと大腸がんが男女ともに死亡原因の上位3番までに入るがんとなっています。一方で咽頭・食道・胃・十二指腸・大腸に発生するがんは早期がんで発見し治療を行えば完全に治せることも明らかになってきました。しかし早期がんは自覚症状がまず無く、従来の体調が悪いなど臨床症状からの発見は極めて難しいものです。この様な治せる早期がんを早期で発見する唯一確実な方法は内視鏡による検診です。

井田病院内視鏡センター

当院の内視鏡センターでは、この様な早期がんを早期で発見するために高解像度内視鏡、拡大内視鏡、画像強調内視鏡(NBIなど)を用いて精度の高い内視鏡検査を行っています。

内視鏡センターでは消化器内視鏡学会認定の専門医・指導医が内視鏡診断・治療を行い、2016年には上部消化管内視鏡は年間約5,400例下部消化管内視鏡は年間約2,000例肝胆膵内視鏡155例を施行し、早期がんに対する内視鏡治療は咽頭や喉頭などの喉のがん33例食道がん50例胃がん65例を行い、大腸がんとポリープの内視鏡治療は302例を施行しました。なかでも咽頭や喉頭などの喉のがんの内視鏡治療が行える施設はきわめて少ないことから全国から患者さんが、また食道がんも南関東全域から患者さんが集まっています。

胃がん・大腸がんで死なないためには積極的に内視鏡検査を受けることが必須です。そのための信頼できる内視鏡センターとして広く地域の方々に活用していただける機関であるとスタッフ一同自負しています。

内視鏡検査はつらい苦しいという評判が一般ですが、当センターでは高い技量をもつ医師と看護師を配置し、積極的に鎮静剤を使用して検査のつらさを減らすように内視鏡検査を行い、検査後もリカバリー室にて十分お休みいただいてからお帰りいただくようにしております。安心して内視鏡検査を受けていただけますので、ぜひ積極的に内視鏡検診を受けることをお勧めします。

医師紹介

大森 泰

役職 内視鏡センター所長
専門分野 上部消化管(咽頭・喉頭・食道・胃・十二指腸)の早期癌診断と内視鏡治療
咽頭・喉頭・食道癌のアルコール発癌と疫学的検討
認定資格 内視鏡学会指導医・専門医
救急医学専門医
外科学会認定医
胸部外科学会認定医
癌治療専門医暫定指導医・認定医
厚生労働省 臨床研修指導医
所属学会  
皆様へ一言 内視鏡センター所長 大森 泰消化管(のど・食道・胃・十二指腸)早期癌は内視鏡治療で確実に治すことができる時代となりました。そのためには適切な検診と確実な診断・治療が重要です。早期癌の発見と診断には内視鏡検査が極めて有効です。特にのど・食道・の癌は飲酒・喫煙を行う50歳以上の男性に多く、さらにお酒を飲んだ時に顔が赤くなった人・以前赤くなった人は発癌の危険が高くなることが知られています。このような方は内視鏡検査を受けられることをお勧めします。当院では患者さんに優しい内視鏡検査を行っております。お気軽にご相談ください。

有澤 淑人

役職 消化器外科部長
外科兼務
内視鏡センター副所長
専門分野 外科(消化器)・腸・消化器内視鏡
認定資格 日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医 、消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本癌治療学会
日本臨床外科学会
皆様へ一言  

消化器内視鏡検査件数(平成28年度)

名称 件数
上部消化管 5,426件
下部消化管 1,940件
胆道系 155件
咽頭がん内視鏡治療 33件
食道がんESD 50件
胃がんESD 65件
十二指腸がんESD 2件
大腸がん内視鏡治療 302件

外来

» 外来診療表はこちら

※外科外来にて診療