平成31 (2019 )年4月、平成の最後の月に新年度が始まりました。

市民の皆様、職員の皆様、この月から、病院長を拝命いたしました金井歳雄と申します。初めまして、よろしくお願いいたします。

戦前の昭和11 (1936)年からの永い歴史と伝統をもつ、政令指定都市川崎の市立病院の運営をまかされることは、大変名誉なことであり身の引き締まる思いであります。

当院は、伝染病院としてのスタートに始まり、総合病院、救急病院、臨床研修病院としての発展、新病院建築、災害医療拠点病院の指定、精神科診療の強化、地方公営企業法の全部適用、救命救急センター、神奈川DMAT、地域医療支援病院、県がん連携指定病院等、新しい時代の急性期医療を担う形を確実に整え、最近では、高度脳神経治療センターや患者総合サポートセンターの設置、ロボット手術装置da VinciやPET-CTの導入など、さらに高質な医療を提供する体制作りを進めています。

来る平成の次の時代は、未曾有の超高齢少子化が進んで参ります。このような中でニーズに応えられる病院運営を行っていくためには、病院のハードの部分の整備だけでははなはだ不十分で、直接傷病者に関わる医療職・病院職員の医療技術はもとより、その手のぬくもりや職業意識、知恵や工夫がますます重要になって参ります。そして、医療の継続性のためには医療職教育も同じように重要です。先行き不透明な現代ですが、川崎市立の病院としての未来はどうあるべきか、職員と共に考えながら、歩みを進めていきたいと考えております。

2019年(平成31年)4月
川崎市立川崎病院 病院長 金井 歳雄

病院長 金井 歳雄