現在位置:

水道水の放射能検査結果について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年5月23日

水道水の放射能検査結果について

概要

平成24年4月1日から、厚生労働省通知に基づき、各浄水場の放射性物質を検査し、結果を公表しています。

≪最新情報≫
5月15日(月)現在、長沢浄水場の検査結果は水道原水、水道水ともに不検出でした。水道水の安全性に問題はありませんので安心してご利用ください。

検査体制について

厚生労働省は、東電福島第一原発事故直後に設けられた暫定規制値に代わり、今後の長期的な状況に対応するため、水道水の放射性セシウムについて管理目標値(3月5日付け厚生労働省通知「水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について」)を設定し、平成24年4月1日から適用しています。これを受け、川崎市上下水道局では平成24年4月1日からは、週1回、平成26年9月からは、月1回の頻度でゲルマニウム半導体検出器により水道水及び水道原水の放射性物質を検査してきました。これまでの放射性セシウムの検査結果はすべて不検出(1.0Bq/kg未満)で、水道水及び水道原水についての管理目標値(10Bq/kg)を十分下回ることが確認できたため、平成29年4月から厚生労働省通知に基づき、検査頻度を3か月に1回(5月、8月、11月、2月)に変更しました。なお検査体制、検査頻度の強化を必要とする事態が生じた場合には、直ちに対応できるよう検査体制は維持してまいります。

備考

川崎市上下水道局は、市内にある長沢浄水場の水道原水及び水道水の放射能検査結果をお知らせしています。潮見台浄水場は平成24年3月末に浄水機能を廃止し、生田浄水場は平成28年4月より工業用水専用の浄水場となりました。また、川崎市に水道水を供給している西長沢浄水場の放射能検査結果は、神奈川県内広域水道企業団のウェブページをご参照ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

水道水質課
電話 044-911-3005