スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

下水汚泥等の放射能測定結果について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年8月30日

下水汚泥等の放射能測定結果について

概要

各水処理センターで発生した下水汚泥の集約処理施設である入江崎総合スラッジセンターにおける下水汚泥等の各種測定結果をお知らせいたします。

<保管について>
放射性物質が検出された下水汚泥焼却灰については、飛散防止のため焼却灰を加湿した上で、フレキシブルコンテナバッグに封入した後、防水及び紫外線対策のためのカバーをかぶせ、コンテナに収納し、浮島1期埋立地に設けた保管場所で保管しています。

<新たに発生する下水汚泥焼却灰について>
安全性が確認されたため、2018年3月1日よりセメント原料化を再開しました。

・放射性物質が検出された下水汚泥焼却灰(新規灰)のセメント原料化の再開について(PDF形式,1019.66KB)

詳細

東日本大震災により原子力発電所において、放射性物質漏洩事故が発生したことから、川崎市上下水道局では下水汚泥等の放射性核種別放射能及び入江崎総合スラッジセンターの空間放射線量、浮島1期埋立地に設けた保管場所の空間放射線量を測定しています。
2019年8月30時点の最新の情報について、お知らせいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

下水道計画課
電話 044-200-2886・2881