助成・融資制度について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月27日

助成・融資制度

皆様が使用されているくみ取り便所を水洗トイレに改造する工事と、し尿浄化槽を廃止し、汚水を公共下水道に直接流す工事などを行なう際は、市からの助成や金融機関による無利息の融資制度が利用できます。
なお、融資額は市の基準により算定しますので、工事内容により異なります。

  • くみ取り便所を水洗トイレに改造する工事
  • し尿浄化槽を廃止し、汚水を公共下水道に直接流す工事
  • 上記の工事と併せて行なう生活排水等の排水設備を設ける工事
  • 分流地区でくみ取り便所の改造、またはし尿浄化槽の廃止の工事と同時に雨水排水設備を設ける工事

助成金・融資額の計算方法

浄化槽廃止の工事

  1. 1戸建住宅(浄化槽1基・大便器1個)の場合 (図のア) 助成金は10,000円です。融資額は浄化槽1基分の廃止工事費が450,000円以内です。
  2. 共同住宅(浄化槽1基・大便器50個)の場合 (図のイ) 助成金は250,000円(5,000円×50個)です。 融資額は浄化槽1基分の廃止工事費が450,000円以内です。なお、大型浄化槽廃止については、別途御相談ください。
浄化槽廃止

くみ取り便所改造の工事

  1. 1戸建住宅(便槽1個・大便器2個)の場合(図のウ) 助成金は10,000円(5,000×2個)です。 融資額は便槽1個分(大便器1個を含む)の改造工事費450,000円以内と、残りの大便器1個の改造工事費135,000円以内とを合わせて585,000円以内の額です。
くみ取り便所改造

助成・融資制度を利用するには

助成金だけを利用するとき

申請書に必要事項を記入していただくだけです。

助成金と融資を利用するとき

申請書の他に申請者及び連帯保証人(川崎市内、神奈川県及び東京都にお住まいの方)の印鑑証明書と市県民税の納税証明書(区役所)を御用意ください。

また指定の金融機関口座が必要です。証明書類は所定の封筒に入れ、のりづけをして提出してください。

融資の利息・返済方法

  • 融資額の利息は市が負担します。
  • 融資額の返済は融資を受けた月の翌月から36箇月で、元金均等分割払の方法で毎月6日に金融機関の指定口座から自動引落しされます。

(例)貸付金450,000円の場合

返済金は毎月12,500円となります

助成金・融資を利用される場合は、工事の申込みと同時におこなってください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局下水道部下水道管理課

電話:044-200-2922

ファクス:044-200-3980