スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

浄水発生土の放射性物質について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年11月7日

コンテンツ番号40482

浄水発生土の放射性物質について

川崎市上下水道局では長沢浄水場及び生田浄水場の浄水発生土について、放射性セシウム134及び137の検査を実施してきましたが、クリアランスレベル(100Bq/kg) を十分に下回ることを確認できたことから、平成30年4月からは検査を休止することに致しました。

今後、浄水発生土の放射能検査を必要とする事態が生じた場合には、直ちに対応できるよう体制は維持してまいります。

*西長沢浄水場の浄水発生土については、神奈川県内広域水道企業団のウェブページを参照ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

水道水質課
電話 044-911-3005