下水道に接続するには

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月29日

公共下水道が整備され、水処理センターで汚水を処理することができる区域を「処理区域」と言います。処理区域になるとトイレや台所等から流れる汚水は公共下水道に直接流せるようになります。

し尿浄化槽をご使用の方

公共下水道に直接放流するようになると、し尿浄化槽は必要がなくなりますので廃止してください。

台所・風呂場等からの汚水を道路側溝や水路などに流している場合も、公共下水道に流すよう排水設備を設置しなければなりません。

(処理区域になると下水道法第10条により排水設備を遅滞なく設置しなければならないとなっています。)

くみ取り便所をご使用の方

処理区域になりましたら建物の所有者は、くみ取り便所をできるだけ早く、汚水を公共下水道に直接流す水洗トイレに改造してください。

台所・風呂場等からの汚水を道路側溝や水路などに流している場合も、公共下水道に流すよう排水設備を設置しなければなりません。 (処理区域になると下水道法第11条の3により3年以内に水洗トイレに改造することが義務付けられています。)

水洗化工事のすすめ方

水洗化工事の申込みは、川崎市排水設備指定工事店

水洗化工事は指定工事店でないとできません。

(川崎市下水道条例第6条)

市は、皆様が設置した下水管など(排水設備)を適正に維持管理するために、資格を持った「排水設備工事責任技術者」が専属していることなどを指定の基準とする「指定工事店制度」をもうけていますので、工事を依頼する際は、必ず「川崎市の指定工事店」であることを確認しましょう。

水洗化工事は、皆様方と指定工事店の間で

指定工事店を決めたら見積書を依頼し、工事の内容、金額について十分検討しましょう。
工場、病院、レストラン、ガソリンスタンド等にあっては、除害設備の設置その他について、あらかじめ上下水道局下水道水質課に御相談ください。


水洗化工事は指定工事店と十分に話し合って、見積書や申請書類などもよく確かめてから契約しましょう。
助成金、融資を利用される場合、工事の申込みと同時におこなってください。

なお、融資を利用される場合、川崎市内に指定の金融機関の口座が必要です。

助成金・融資をご利用のとき

工事の施工

  • 工事を行う日を指定業者と打ち合せてください。
  • 工事に要する日数は、一般住宅の場合1~2日です。そのうち便所を使用できないのは約半日程度です。

工事の完成

工事が完成すると、市の職員が工事の検査をします。検査に合格すると下の図のような検査済証を交付します。


<水洗>の検査済証


分流地域の
<雨水>の検査済証

助成金の交付・融資額の決定

(助成金・融資を利用した場合)

書類審査、完了検査を経て助成金、融資額が決定します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局下水道部下水道管理課

電話:044-200-2922

ファクス:044-200-3980