スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

つくられる水道の水7 配水池、配水塔から出た水は、どうのようにして、家庭までとどくのでしょう

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年5月18日

コンテンツ番号83691

配水池、配水塔から出た水は、どうのようにして、家庭までとどくのでしょう

配水池や配水塔に送られてきた水道の水は、配水管の中をいきおいよく流れて、わたしたちの家の近くまできます。そして、配水管とつながっている給水管を通って、じゃ口から出てきます。

配水管は、川崎市内の道路の下に、あみの目のように作られています。これは、市内のどのに住んでいる人にも、水道の水を送るためです。

市内の配水管を全部つなぎ合わせるとその長さは、およそ2,400キロメートルにもなります。

市内の配水管
配水管の長さ

細い配水管 直径10cm


太い配水管 直径110cm


いままで見てきたように水は長い旅をして私たちのもとにやってきます。
上下水道局では安全でおいしい水をつくるため、24時間休むことなく働き続けています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局サービス推進部サービス推進課

電話:044-200-3097

ファクス:044-200-3996