地域日本語連絡会

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月29日

川崎市地域日本語連絡会

川崎市には、教育文化会館・市民館で実施している識字学習活動の他、地域に活動の場を広げた市民グループや国際交流協会など、多様な識字・日本語学習の場があります。川崎市地域日本語連絡会は、これらの運営団体のボランティア等が集い、日本語学習の現状や課題について、主に情報交換を行っています。

連絡会では、主に次のことを行っています。

・定例会(月1回)

・地域日本語ネットワークのつどい

定例会について

定例会は、毎月第3土曜日の午前10時から12時に開催されています。

6月16日(土) 教育文化会館 第1会議室

7月21日(土)教育文化会館 第5学習室

8月18日(土)高津市民館 第1会議室

9月15日(土)高津市民館 第4会議室

 

地域日本語ネットワークのつどいについて

平成29年度の地域日本語ネットワークのつどいは、次のとおり実施しました。

日時:11月25日(土) 午後1時30分~午後4時30分 多摩市民館 大会議室

テーマ:「学習者が地域にとけこむためには~学習者とどう向き合うか」

  第1部 事例紹介「地域社会と学習者をつなぐ活動」

  第2部 ワールドカフェ「居場所」と「自立」について考える

講師:ちば多文化協働プロジェクトコーディネーター 萬浪 絵理

    横浜国立大学国際戦略推進機構日本語講師 西山 陽子

参加者数:76名

外国人学習者とボランティアが触れ合うだけではなく、外国人市民が、一市民として、地域社会に参加してもらうために、わたしたちは何ができるだろうか。講師の話を聞きながら、「ワールドカフェ」の手法を使い、リラックスした雰囲気の中で、自由に語りあいます。

ワールドカフェとは?

4~5人単位の小グループをいくつか作成し、カフェのようにリラックスした雰囲気の中でテーマに集中した対話を行います。時々メンバーの組み合わせを変えながら話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員と意見を交わしたような効果が得られます。

 

川崎市識字・日本語学習活動の指針

識字学習活動の実施のために作成した指針です。

(編集を行った川崎市地域日本語教育推進協議会は、現在、川崎市地域日本語教育推進連絡調整会議に名称を変更しています)

川崎市識字・日本語学習活動の指針

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3304

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88syogai@city.kawasaki.jp