スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

川崎市給水装置改良資金融資制度

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年7月11日

川崎市給水装置改良資金融資制度は、配水管から分岐された給水管と、その給水管に直結する給水用具の改良工事の実施を促進し、水道施設の充実、とりわけ直結増圧式給水の拡大と老朽給水管の取り替えの促進を図り、生活環境の改善に寄与することを目的に、給水装置改良工事の資金を融資する制度です。

融資の対象となる工事

融資の対象となる工事は、次にあげる改良工事で、1戸当たりの工事費が10万円以上の工事です。

ただし、給湯器、下水道設備機器(便器、排水管等)の取り付け、取り替えに要する経費は対象外です。

老朽給水装置を取り替える工事

 給水管や給水用具が腐食等の原因により通水不良や使用不能になった時、その給水管や給水用具の一部又は全部を取り替える場合

給水管が通水不良や使用不能のため、現在ご使用中の給水管の使用を中止し、他の箇所から新たに給水管を引き直す場合

お住まいの増改築等に伴い

トイレの水洗化、風呂場の増築、冷暖房装置の設置等のため、新たに給水管や給水用具を設置する工事を行う場合

既設給水管や給水用具の一部又は全部を取り替える場合

受水槽式の給水方式を直結式給水方式に切り替える工事

受水槽式給水設備の一部をそのまま利用し、直結式給水に切り替える場合

受水槽式給水設備の建物を取り壊し、新たに直結式給水設備の建物に建て替える場合

共同で使用している給水装置を専用で使用する給水装置に変更する工事

共用せんを使用していたものを、世帯ごとに専用せんの水道を引き込む場合

1つのメーターで複数の世帯の使用水量を計っている設備の一部又は全部に対し、世帯ごとにメーターを取り付ける場合

工事

融資の対象となる工事

  1. 改良工事を行う給水装置を所有する方又は現在お使いの給水装置を所有する方から改良工事の同意を得た方で、いずれも法人格を有しないこと。
    (店舗併用住宅の場合は、住宅部分の床面積の合計が、全体の床面積の3分の2以上であること。)
  2. 融資金の償還及び利息の支払いについて、十分な能力を有している方
    (納税証明書等で証明できる月平均所得金額が、毎月の償還予定額の10倍以上であること。)
  3. 川崎信用金庫の営業地区内にお住まいの方
    (川崎信用金庫にご確認ください。)

融資の条件

融資額

 1工事につき10万円以上1,600万円以下で、1万円単位(工事費の見積額を超えないものとします。)

川崎信用金庫からの他の融資額の総額と本融資額の合計が 700万円を超える場合は、別途、出資金として1万円が必要となります。(詳しくは川崎信用金庫にご確認ください。)

融資利率

年利1.50% 固定金利(償還期間中の利率の変更はありません。)
平成31年4月1日から令和2年3月31日までの間に融資の契約をされたお客様に適用されます。

償還期間

最長60か月以内で、1か月を単位とします。

償還方法

川崎信用金庫の指定する口座から、元利均等月賦償還の方法で自動引き落としされます。

連帯保証人

川崎市内に在住しており、申請人と同等以上の償還能力を有し、かつ、独立の生計を営む方が1人必要です。

資金の使途

融資金は融資の目的以外では使用できません。

振込先

融資金の振込先は、川崎信用金庫の申込人の口座となります。

償還日

毎月1回、川崎信用金庫の指定する日となります。

延滞利息

償還日を過ぎますと年利10.75%の延滞利息が加算されます。

その他

その他融資の条件は、金銭消費貸借契約証書〔規定〕によります。

申込みから融資まで

融資の申込みから融資が行われるまでの手続きと、手続きに必要な書類やご用意いただくもの

融資の事前相談

給水管の改良工事で融資を希望される方は、融資制度の説明と簡単な事前確認を行いますので、工事見積書をお手元に、サービスセンターにお問い合わせください。

融資の申込み

工事をはじめる前に、次の書類に必要事項をご記入の上、サービスセンターにお申込みください

年金を受給されている方は、社会保険事務所で発行する源泉徴収票が必要になる場合がありますのでご相談ください。

必要書類

  • 川崎市給水装置改良資金融資申請書【サービスセンター】
  • 給水装置工事施行承認申込書【サービスセンター】
  • 申込者及び連帯保証人の個人情報の取扱いに関する同意書【サービスセンター】
  • 反社会的勢力の排除に関する確認書【サービスセンター】
  • 申込者及び連帯保証人の月平均所得額の証明書(納税証明書・源泉徴収票など)【お勤め先など】
  • 工事の対象となる賃貸住宅に関する確定申告書の写し(共同住宅の所有者の場合のみ、直近の1年分)
  • 平面図(店舗併用住宅の場のみ)

注 【 】内は発行元または配布元

融資可否の通知

お申込みから約2週間後に、融資が可能な場合は「川崎市給水装置改良資金融資承認通知書」を融資ができない場合は「川崎市給水装置改良資金融資不承認通知書」をお送りします。

融資の承認通知書を発行した後でも、申請に虚偽があった場合や他の債務の不履行があった場合など、融資の承認を取り消すことがあります。

工事の施行

指定給水装置工事店で、工事をお願いします。

融資額の決定

工事の終了後、完成検査に合格したものについて、工事費精算書に基づき融資額を確定し、「川崎市給水装置改良資金融資契約手続通知書」でお知らせします。

融資の契約

「川崎市給水装置改良資金融資契約手続通知書」の発行日から30日以内に、川崎信用金庫で手続きをしてください。

融資申込者及び連帯保証人の連署が必要となります。

ご本人様の確認をとりますので、運転免許証等の顔写真付きの証明書をお持ちください。

必要書類

  • 川崎市給水装置改良資金融資契約手続通知書【上下水道事業管理者が送付するもの】
  • 金銭消費貸借契約証書(川崎市給水装置改良資金用)【川崎信用金庫本・支店】
  • 融資申込者の川崎信用金庫預金通帳及び届出印
  • 融資申込者の実印と印鑑証明書(発行日から3か月以内のもの)【各区役所・支所・出張所・行政サービスコーナーなど】
  • 連帯保証人の実印と印鑑証明書(発行日から3か月以内のもの)【各区役所・支所・出張所・行政サービスコーナーなど】
  • 工事施行業者への口座振込依頼書【川崎信用金庫本・支店】

注 【 】内は発行元または配布元

融資の実行

川崎信用金庫での手続きから約1週間後に、申し込まれた方の口座に融資金が振り込まれます。その後、口座振込依頼書により、工事施行業者の口座へ自動的に振り込まれます。

手続きの流れ

お客さま
必要書類の用意

↓ 相談・申し込み

サービスセンター
融資の相談窓口
申請書→審査→可否決定

↓ 申請書の送付

川崎信用金庫
申込書→審査→可否決定

↓ 約2週間後

川崎市給水装置改良資金融資(不)承認通知書の送付

工事着手~工事完成~完成検査→精算書に基づき融資額決定

金銭消費貸借契約(川崎信用金庫の本・支店にて)

融資の実行

お客様の口座から工事施工業者の口座へ自動振込み

 

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

南部サービスセンター
(川崎・幸・中原区について)
電話: 044-544-5433
ファクス: 044-544-3707

中部サービスセンター
(高津・宮前区について)
電話: 044-855-3232
ファクス: 044-855-3242

北部サービスセンター
(多摩・麻生区について)
電話: 044-951-0303
ファクス: 044-951-0677