スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

工業用水道施設

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年4月25日

1.水源別給水能力

水源には、相模川水系と多摩川水系、地下水及び水道事業からの受水がある。平成15年1月に木月・井田地内の平間さく井、1日2万m3を廃止したことにより、 給水能力は、相模川水系からの取水による長沢浄水場の1日23万5,000m3、多摩川水系・地下水からの取水による生田浄水場 の1日24万5,000m3及び水道事業からの受水1日4万m3を合わせて1日52万m3となっている。

水源別給水能力

水源別給水能力(単位 m3/日)
水系/区分種別浄水場名水源水量給水能力 
相模川表流水長沢浄水場241,000235,00045.20%
多摩川表流水生田浄水場200,000195,00037.50%
地下水(菅地内)50,00050,0009.60%
  491,000480,00092.30%
水道事業からの受水  40,00040,0007.70%
合計  531,000520,000100.00%

※平成30年3月31日現在

2.主要施設

工業用水道は、産業活動に必要な用水を供給する施設として、水源から各需要者に至る間に各種の施設がある。その概要は、平成30年3月31日現在、次のとおりである。(H.W.Lは水位を表している。)

*1は県の施設

*2は県・横浜市・川崎市・横須賀市の共同施設

*3は上・工水共用で横浜市・川崎市の共有施設

*4は上・工水共用施設

貯水施設

相模ダム*1

系別:相模川

内容:有効貯水量4,820万m3 H.W.L167m

所在地及び区間:相模原市緑区

沼本ダム*1

系別:相模川

内容:有効貯水量153.4万m3 H.W.L121m

所在地及び区間:相模原市緑区

城山ダム*2

系別:相模川

内容:有効貯水量5,120万m3 H.W.L124m

所在地及び区間:相模原市緑区

相模ダム


相模川をせき止めて昭和22年に完成した県内で最初のダムです

取水施設

津久井ずい道*1

系別:相模川

内容:高さ・幅共 6m 延長 6,258m

所在地及び区間:沼本ダム~津久井分水池

導水路*2

系別:相模川

内容:内径 3.8m、延長 1017.55m

所在地及び区間:城山ダム取水口~津久井分水池

津久井分水池*1

系別:相模川

内容:長さ65.4m、幅37.3m、深さ12.5m、H.W.L115m

所在地及び区間:相模原市緑区

津久井分水池取水前庭*3

系別:相模川

内容:長さ30m 幅10m 深さ4m

所在地及び区間:相模原市緑区

稲田取水所

系別:多摩川

内容:取水能力200,000m3/日

所在地及び区間:多摩区菅稲田堤3-21-1

菅さく井

系別:地下水

内容:取水能力50,000m3/日

所在地及び区間:多摩区菅地内

平間配水所上水受水井

系別:水道事業からの受水

内容:取水能力40,000m3/日

所在地及び区間:平間配水所内

津久井分水池


相模湖と津久井湖の水はここで一緒になったあと、水道用、発電用などに分けられます

導水施設

相模ずい道*3(横浜・川崎共同ずい道)

系別:相模川

内容:高さ・幅共3.5m 延長4,218.53m

所在地及び区間:津久井分水池~下九沢分水池

下九沢分水池*3

系別:相模川

内容:内径35m、高さ4.15m、深さ2.72m

所在地及び区間:相模原市緑区下九沢 1716

第1導水ずい道*4

系別:相模川

内容:高さ・幅共2.6m、延長21,636m (鋼管内径1.6~2.45m、改良延長21,566m)

所在地及び区間:下九沢分水池~長沢浄水場

導水路

系別:相模川

内容:高さ・幅共2m、内径2m、延長427.80m

所在地及び区間:長沢浄水場内

第5導水管

系別:多摩川

内容:内径1.5m、延長1,601m

所在地及び区間:稲田取水所~生田浄水場

第3導水管

系別:地下水

内容: 内径0.3~0.8m、延長4,189.19m菅

所在地及び区間:菅地内さく井~ 生田浄水場

下九沢分水池


津久井分水池を出た水道用の水は、ここで川崎市と横浜市に分けられます。

第1導水ずい道


下九沢分水池から長沢浄水場を結ぶ原水を導くトンネルです。

浄水施設

長沢浄水場

系別:相模川

処理方式:凝集沈でん処理方式

浄水能力:250,000m3 /日

所在地:多摩区三田5-1-1


相模湖・津久井湖の水を飲み水と工業用水に作り変えています。

生田浄水場

系別:多摩川

処理方式: 超高速凝集沈でん処理方式

浄水能力: 200,000m3 /日

所在地:多摩区生田1-1-1


多摩川水系の表流水と地下水を工業用水に作り変えています。

(注) 浄水場には、次の方式の排水処理施設がある。

長沢浄水場・・・加圧脱水方式(上・工水共同施設)

生田浄水場・・・加圧脱水方式

送水施設(送水管)

送水施設(送水管)
名称口径延長区間
1号送水管200~1,000mm15,854.16m長沢浄水場~平間配水所
2号送水管100~1,500mm16,462.14m生田浄水場~平間配水所
3号送水管200~1,200mm21,616.81m長沢浄水場~浜町
連絡管800mm8.14m1号送水管~3号送水管
100~1,500mm53,941.25m-

※平成30年3月31日現在

配水施設(調整池)

配水施設(調整池)
名称有効容量所在地
長沢調整池6,920m3多摩区三田5-1-1
生田調整池6,626m3多摩区生田1-1-1
平間調整池6,000m3中原区上平間1668
19,546m3-

※平成30年3月31日現在

配水施設(配水管)

配水施設(配水管)
名称口径延長区間
2号配水本管800~1,500mm11,174.96m平間配水所~産業道路
3号配水本管200~1,500mm9,428.65m平間配水所~浮島
その他配水管100~1,300mm23,453.57m本市区域内
100~1,500mm44,057.18m-

※平成30年3月31日現在

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局水道部水道計画課

電話:044-200-2497

ファクス:044-200-3943