スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

つくられる水道の水3 どのようにして、原水をきれいにするのでしょう

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月23日

コンテンツ番号83685

どのようにして、原水をきれいにするのでしょう

原水は泥(どろ)や砂(すな)、自然の中にいる細菌(さいきん)などが入っているので、このままでには飲めません。そこで、原水にポリ塩化(えんか)アルミニウムという薬品(やくひん)をまぜ、細かな泥や砂をくっつけて、大きなかたまりをつくります。
このように、泥や砂を沈みやすい大きなかたまりにするところがフロック形成池(けいせいち)です。

沈みやすくなった大きな泥や砂は、沈でん池(ちんでんち)の底に沈むので、上の部分のきれいな水をろ過池(ろかち)に送ります。

ろかイメージ
ろか図解

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局サービス推進部サービス推進課

電話:044-200-3097

ファクス:044-200-3996