現在位置:

博物館・美術館情報 常楽寺(まんが寺)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年12月26日

常楽寺(まんが寺)

本堂の襖や壁を飾るまんが イメージ

 常楽寺は、春日山医王院と称する真言宗智山派の寺院で、縁起によると、奈良時代に聖武天皇の御願所として行基菩薩によって開かれたとされています。
 先々代住職の故・土岐秀宥さんが親交のあった漫画家の作品を集め公開しています。現在の本堂は、江戸時代の元禄頃(1668~1703)に建立されましたが、昭和43(1968)年に行われた解体修理の時に、本堂の壁や襖に「まんが」の絵を描いたことから「まんが寺」と呼ばれるようになりました。
 また、境内には、「まんが筆塚」が建っています。

所在地

〒211-0051

川崎市中原区宮内4-12-14

電話

044(766)5068

交通

JR南武線、横須賀線・湘南新宿ライン、東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅下車

北口バス「薬師前」下車 徒歩約3分

見学の際の注意事項

本堂見学希望の場合は、事前連絡してください。(不定休)

観覧料

無料

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp