概要

乳腺外科では、乳腺専門医を責任者として、乳房や腋窩に発生する疾患の診療を行っています。診断のため、マンモグラフィ検査、乳房超音波検査、乳房造影MRI検査、超音波ガイド下針生検などの検査を可及的速やかに行います。検査結果に応じて、標準的と考えられる治療方針をご提案し、患者さんのご希望を尊重しながら、患者さんおひとりおひとりに一番適切な治療を行うことを目指しています。当科では、乳腺・腋窩の悪性病変(乳癌、悪性葉状腫瘍、他臓器癌の転移など)・良性病変(線維腺腫、乳管内乳頭腫、良性葉状腫瘍、乳腺症、急性乳腺炎、乳輪下膿瘍、Mondor病など)の専門診療に対応しています。

外来診療担当表

乳腺外科では、乳腺専門医を責任者として、乳房や腋窩に発生する疾患の診療を行っています。診断のため、マンモグラフィ検査、乳房超音波検査、乳房造影MRI検査、超音波ガイド下針生検などの検査を可及的速やかに行います。検査結果に応じて、標準的と考えられる治療方針をご提案し、患者さんのご希望を尊重しながら、患者さんおひとりおひとりに一番適切な治療を行うことを目指しています。当科では、乳腺・腋窩の悪性病変(乳癌、悪性葉状腫瘍、他臓器癌の転移など)・良性病変(線維腺腫、乳管内乳頭腫、良性葉状腫瘍、乳腺症、急性乳腺炎、乳輪下膿瘍、Mondor病など)の専門診療に対応しています。

問診票ダウンロード 初診の方は、事前にご記入のうえご持参いただくとよりスムーズに受診いただけます。

治療方針・診療実績

  • 良性疾患の診療
    画像診断の上、必要時には、病理組織学的検索と手術を行います。乳頭分泌物を伴う腫瘍性病変である乳管内乳頭腫などに対する乳管腺葉区域切除術(microdochectomy)も行っています。手術の際には、なるべく傷が目立たなくなるように皮膚切開の方法も熟慮しています。
  • 悪性疾患(乳がん)の診療
    乳癌の患者さんに対しては、手術・薬物療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療とともに、緩和療法を行っています。切除不能乳癌・再発乳癌の患者さんに対しても、最善を尽くします。
    当施設では、センチネルリンパ節リンパ節の同定率が高いといわれるラジオアイソトープと色素を併用してセンチネルリンパ節を検索する「併用法」が可能です。
  • 主な手術の入院日数
    疾患 手術 予定入院日数
    乳癌 乳房温存手術+センチネルリンパ節生検 5-7日
    乳房切除術+センチネルリンパ節生検 5-10日
    乳房温存手術+腋窩郭清 7-10日
    乳房切除術+腋窩郭清 7-10日
    良性乳腺腫瘍 摘出生検(全身麻酔下で行う場合) 3-5日
    摘出生検(局所麻酔下で行う場合) 入院不要(外来手術)

トピックス

2016年手術件数

疾患名 手術件数
乳癌 101件(乳房温存術64件、センチネルリンパ節生検71件)
良性疾患 7例
108例

初診の患者さんは、毎週火曜日午前中(受付:午前11時まで)に乳腺専門医が拝診しております。
担当医が休診のときは、外科初診外来で診察を受けていただきます。速やかに検査を進め、診断し、治療方針を検討し、治療を開始します。

医師紹介