スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

水質検査結果

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年9月5日

検査結果について

各検査項目の単位は下記の通りです。

各検査項目の単位
検査項目単位解説
水温、気温摂氏温度です
一般細菌n/ml1ミリリットルの検水が培地に形成した集落の数です。
大腸菌-定性試験を行っていますので「不検出」か「検出」で表します。
pH値-単位はありません。
味・臭気-表示のとおりです。
色度精製水1リットルに色度標準液中の白金(Pt)1ミリグラム及びコバルト(Co)0.5ミリグラムを含むときの呈色に相当するものを1度といいます。
濁度精製水1リットルにポリスチレン粒子1ミリグラムを含むときの濁りに相当するものを1度といいます。
電気伝導率(工業用水)mS/m25℃水が電気を伝える能力です。水温25℃における断面積1m2、距離1mの溶液の対面間の電気抵抗の逆数を S/m25℃で表しますが、数値が小さいので単位にm(×10-3)をつけて、mS/m25℃で表します。
上記以外の項目mg/L1mg/Lとは、水1リットル中に対象物質が1ミリグラム含まれていることです。
○○○mg/L未満
○○○度未満
などの未満表示
-測定値が定量下限値未満であることを示しています。
川崎市では、概ね定量下限値を水質基準値や目標値の10分の1以下に設定しています。
結果が空欄の項目は、該当月に検査を行わなかった項目です。検査頻度は法令で定められており、川崎市の検査頻度は「水質検査計画」に示しています。

上下水道局では「水質試験年報」を発行すると共にホームページに掲載し、、水道の水源や浄水場などのデータも公表しています。「水質試験年報」はかわさき情報プラザ、公文書館、各区市政資料コーナー及び上下水道局サービスセンターでご覧いただけます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局水管理センター水道水質課

電話:044-911-3005

ファクス:044-900-9545