スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

下水道のはたらき

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月22日

コンテンツ番号83679

 日々(ひび)の暮(く)らしのなかで使(つか)った水(みず)は、汚(よご)れた水(みず)となります。これをきれいな水(みず)に戻(もど)して自然(しぜん)に返(かえ)すため、下水道(げすいどう)は24時間(じかん)休(やす)むことなく働(はたら)いています。また、雨水(あまみず)を下水道管(げすいどうかん)を通(とお)して排除(はいじょ)するなど、街(まち)を浸水(しんすい)から守(まも)るためになくてはならない存在(そんざい)です。このように下水道(げすいどう)は自然(しぜん)の中(なか)の水循環(みずじゅんかん)システムとして、普段(ふだん)見(み)えない地面(じめん)の下(した)で私(わたし)たちの生活(せいかつ)を支(ささ)えています。


大雨(おおあめ)が降(ふ)っても安心(あんしん)


よみがえる川(かわ)や海(うみ)


美(うつく)しい街(まち)を創(つく)る


清潔(せいけつ)な水洗便所(すいせんべんじょ)

下水道(げすいどう)は、自然(しぜん)の中(なか)の「水循環(みずじゅんかん)」の ひとつです。

水循環

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局サービス推進部サービス推進課

電話:044-200-3097

ファクス:044-200-3996