スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

'Your Moment' (次はあなたの番です)ー 2018年12月4日 英国オリンピック委員会CEOビル・スウィーニー氏の講演より

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年12月5日

ロンドン2012大会の経験を踏まえて

英国オリンピック委員会CEOであるビル・スウィーニー氏による講演会「ロンドン2012大会の経験を踏まえたリオ2016大会での英国オリンピック代表チーム(Team GB)の成功」を川崎市・横浜市の合同主催により開催しました。

講演に先立ち川崎市長はあいさつの中で、スウィーニー氏への歓迎の言葉とともに「ホストする我々も、英国代表チームを応援していきたい。皆さんもGOGB(ゴージービー)、『がんばれ英国』を合言葉に英国代表チームを応援し、一緒に事前キャンプ、そして東京2020大会を盛り上げていただきたい」と述べました。

のぼり旗で英国代表チーム応援ムードを演出
会場の外には立て看板を掲示
身振り手振りをmじゃいて
ロンドン2012大会のレガシーについて語るスウィーニー氏

東京2020大会への期待

スウィーニー氏は講演冒頭にリオ2016大会のハイライトシーンを集めた動画を流し、「このような素晴らしい大会を東京でも行いたい」と東京2020大会への期待について述べました。そして'Your Moment'(次はあなたの番です)というタイトルとともに、「ロンドン2012大会の時もそうですが、オリンピックの成功には、国全体で目的・方向性を一つにすることが大事です」と呼びかけました。また、英国オリンピック代表チーム(Team GB)は、リオ2016大会でのメダル獲得数で、アメリカに次いで世界第2位という成績を収め、その背景には「大会前の事前キャンプの成功があった」と示し、東京2020大会では、「時差や暑さ、湿度など環境が大きく異なるため、事前キャンプが特に重要であり、東京にとても近い川崎市、横浜市で行うことでができることを非常に嬉しく思っている」と述べました。

演台で身振りを交えながら語るスウィーニー氏

レガシーとして残るものは

ロンドン2012大会後、英国では国民のスポーツへの参加率が高まり、経済効果や雇用促進、イースト・オブ・ロンドンの再開発が進んだことが、英国の「レガシー」となっていることや、2016年のリオ大会後には、英国において、「体操、ホッケー、水泳、自転車、バドミントンなどの競技人口が増えた」として、大会がもたらす社会への影響について、数字を交えて具体的に言及しました。

リオ2016大会での選手の写真を見つめるスウィーニー氏
会場内はほぼ満席

英国人の94%が東京2020大会に関心を持っている

また、スウィーニー氏は「東京2020大会に興味があると答えた英国人が94%」というデータから、過去大会よりも高い関心を集めていることを示しました。横浜市でも行われるラグビーワールドカップ2019では「日本がスポーツの国際大会の主催国としてどのような盛り上がりを見せるか、世界が注目している。規模は違うが、ラグビーワールドカップ2019の成功が、東京2020大会につながるだろう」と、東京2020大会への期待を述べました。

身を乗り出して講演を聴く、ブリティッシュ・スクールの生徒

質疑応答では「現状、事前キャンプ受け入れ側に何が足りないと思うか」という質問に対し、スウィーニー氏は「横浜市・川崎市・慶應義塾大学の施設も対応も素晴らしいと思っている。3者と我々は良い友好関係を築いている」と、関係者間の信頼関係を強調しました。

聴講された方からは、「横浜市・川崎市・慶應義塾大学に対して、とても好印象をもっている感じがした」「英国オリンピック代表チームについて興味がわいた」などの発言がありました。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局オリンピック・パラリンピック推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-0528

ファクス:044-200-3599

メールアドレス:20olypara@city.kawasaki.jp