かわさき総合ケアセンター

 川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンターは、1994年に「かわさき総合ケアセンター構想報告書」により建議され、1998年10月に緩和ケア・高齢者ケア・在宅ケア・地域連携をキーワードとして発足しました。  かわさき総合ケアセンターの理念は、開設にあたり、次のように明らかにされています。

 「21世紀を迎えるに当たり、私たちの社会は高齢化という大きなうねりの中にあります。だれもが高齢に伴う障害やがんによる苦痛を負わねばならない時代になったということです。現に多くの市民が、様々な障害や苦痛を抱えて生きていくための支えを必要としているのです。
 クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life QOL) “生活の質”を保障することは、生きる価値のあることを確かめ、生きる喜びを実感し、人生を楽しめるよう支えていくことです。生活の質を高めるには、病院での薬や注射といったキュア(治療)だけでなく、障害や痛みを持った市民に対し、地域社会の中で身体から心までのケア(面倒をみる)を提供していく必要があります。
 こうした地域社会の必要に応えるため、保健・医療・福祉の各サービス機関が効果的に協力連携し合えるよう、かわさき総合ケアセンターには多機能・複合的にサービスを提供する部門を集合しました。」
( 1998年10月 岡島重孝)

かわさき総合ケアセンターの外観

 かわさき総合ケアセンターは高齢社会を支える総合的地域ケアの拠点となります。

運営の4つのキーワード

緩和ケア
さまざまな苦痛を持ったがん患者とそのご家族を支えます。
高齢者ケア
さまざまな障害を持った高齢者とそのご家族を支えます。
在宅ケア
地域社会での生活と在宅ケアを支えます。
地域連携
市民の皆さん・かかりつけ医・民間医療機関・自治体など、地域社会の協力によって患者とそのご家族を支えます。

機能概要

緩和ケア病棟 (ホスピス)

病室の様子 病室の様子

 がんに苦しむ患者と家族の苦痛や症状を和らげ、不安な心を支えます。病状が進行し、治療の困難な患者を対象としています。
全個室 23床(内19床室料無料)、家族室(2部屋)、ファミリーキッチン、サンルームなどを用意しました。

お問い合わせ先
電話 044-751-6111 (月~金 午前9時~午後5時)

在宅ケア・医療相談部門

在宅ケア・医療相談部門受付

 在宅で療養されている方に、かかりつけ医や訪問看護ステーションと協力して、訪問診療、訪問看護を行います。
また医療や福祉などの相談に応じるとともに、退院支援、在宅療養のための準備や調整、ケアマネジメント等を行います。

お問い合わせ先
電話 044-751-6001(月~金 午前9時~午後5時)

がん相談支援センター

 地域がん診療連携拠点病院として、患者様やご家族のがん医療に関する相談支援と情報提供を行います。

お問い合わせ先
電話 044-751-8280(月~金 午前9時~午後5時)

病状評価・ケアプラン病床

 総合的な病状評価を行うことにより、各々の患者や家族に適した在宅療養を検討し支援します。またかかりつけ医と連携を図り、在宅で療養されている方の病状悪化や介護問題に対応します。

お問い合わせ先
電話 044-751-6001(月~金 午前9時~午後5時)

井田老人デイサービスセンター

春のお花見

 介護保険で要介護・要支援に認定された方を対象に、機能訓練、入浴、食事サービスや家族への介護指導、生活相談などを行います。 高齢者の自立生活の支援と家族の介護負担の軽減を図ります。

お問い合わせ先
電話 044-751-6655
(月~金、祝日可 午前8時30分~午後5時30分)

いだ地域包括支援センター

センター内の様子

 地域で暮らす高齢者の方々を介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支援いたします。

お問い合わせ先
電話 044-751-6661(月~金 午前8時30分~午後5時30分)

井田居宅介護支援センター

 介護サービス計画を作成し、サービス提供機関と連絡調整を行います。

お問い合わせ先
電話 044-741-3720(月~金 午前8時30分~午後5時30分)

訪問看護ステーション井田

 寝たきりなどで自宅療養されている方を、かかりつけ医の指示書を受けて、保健師・看護師が伺い、看護ケアをいたします。

お問い合わせ先
電話 044-751-6711(月~金 午前9時~午後5時)

教育・ボランティア拠点

 市民の皆さん及びボランティアの方々のための研修室や会議室を設け緩和ケアや高齢者ケアに関する研修会や講演会を開催します。

お問い合わせ先
緩和ケア病棟 電話 044-751-6111(月~金 午前9時~午後5時)

PAGE TOP