現在位置:

降雪等による水道管の凍結対策について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年11月28日

水道管の凍結にご注意ください

降雪等により気温が下がると、水道管が凍って水が出なくなる場合や、凍った水道管が破裂することがあります。

このように水道管が凍る前に、ご自宅の水道管も冬じたくをしましょう。

冬じたくとして、水道管を保温材等で包むことにより凍結防止ができます。

保温材は、ホームセンターなどで購入することができます。

保温材を水道管に巻く際のポイントは、保温材の上からビニールテープ等でしっかりと巻き付け、保温材が濡れないようにすることです。

凍りやすい水道管は

  • 屋外に設置してあり、むき出しになっている管
  • 陽が当たらず、風当たりの強い場所にある管

    *特に屋外に設置した給湯器がある場合、凍結が原因で給水・給湯管が破裂し漏水する事例が多く見られます。

凍るのを防ぐには(家庭でできる防寒対策)

水道管の凍結対策1

 

保温材や布などを巻いて保温し、その上からビニールテープなどをしっかり巻き付け、保温材がぬれないようにしてください。

凍って水が出ないとき

水道管の凍結対策2

凍って水が出ないときは、自然にとけるのを待つか、ぬるま湯をまんべんなくかけてとかしてください。

ご注意ください!

急に熱い湯をかけると、管や蛇口が破損することがあります。

水道管や蛇口が破損したとき

修繕費用について

給水管はお客様の所有物であり、給水管の修繕に必要な費用はお客様のご負担になります。

ただし、破裂した箇所が上下水道局施行範囲内であれば、上下水道局が費用を負担して修理できますので、上下水道お客さまセンターへお問合わせください。

なお、給水管の修繕工事は指定給水装置工事店にご依頼ください。また、事後のトラブルを回避するために工事の範囲や費用についてよく説明を受け、可能であれば複数の指定給水装置工事店から見積りをもらって契約をするようにしてください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。