スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

かわさき教育プランについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年6月26日

「かわさき教育プラン」は、本市の教育に関する基本計画です。第1次のかわさき教育プランは、平成17年度から平成26年度までを計画期間とし、新たなかわさき教育プランは、平成27年度から概ね10年間を計画期間としています。教育プランは、川崎市総合計画をはじめ、プランと関係する計画との整合性を図りながら計画を推進しています。


市民の力が教育を変える

第1次の「かわさき教育プラン」は、川崎市の総合計画である「川崎再生フロンティアプラン」と整合を図りながら策定した、本市ではじめての教育に関する総合計画です。

子どもから高齢者まで、全ての市民が教育・学習、文化・スポーツなどの各分野にわたって、いきいきと学びあうことのできる学習社会の実現をめざすとともに、保護者や市民の皆様と協働してさまざまな課題を解決していくことをめざして策定しました。

 

第1次の教育プランは平成17年度から平成26年度までの10年間を対象とした長期的な計画ですが、その中で3年間を単位とした重点施策及び施策体系を設定し、具体的な取組やスケジュールの見直しを行いました。

 

また、≪計画(PLAN)-実行(DO)-評価(CHECK)-見直し(ACTION)≫のサイクルで計画を推進するため、毎年、第2章重点施策を対象に点検評価を行ってきました。

 

夢や希望を抱いて生きがいのある人生を送るための礎を築く

「第2次川崎市教育振興基本計画かわさき教育プラン」は、平成17年度から平成26年度までのかわさき教育プランが果たしてきた役割を継承しながら、子どもを取り巻く環境の変化や変化の激しい今日の社会情勢などを踏まえて策定した、教育に関する総合計画です。

 

第2次の教育プランは、平成27年度から概ね10年間を対象とした計画で、計画期間全体を通じて実現を目指すものを、基本理念【夢や希望を抱いて生きがいのある人生を送るための礎を築く】及び基本目標【自主・自立】【共生・協働】として掲げながら、具体的な取組内容を、基本政策、施策、事務事業の階層で体系的に整理し、約4年ごとに見直しを行う実施計画としています。

 

また、PDCAサイクル≪計画(PLAN)-実行(DO)-評価(CHECK)-見直し(ACTION)≫による進捗管理を行い、プランに基づく取組を着実に推進します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会総務部企画課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3244

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88kikaku@city.kawasaki.jp