スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

川崎市子ども会議の活動の様子

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月26日

コンテンツ番号70758

川崎市子ども会議の活動について

一緒に活動しませんかのイラスト

(1)今年度のテーマ(2019年度)

活動内容

 ( 令和元年度の取り組み)

・「川崎市の良いところ探し」というテーマでの活動の3年間活動しました。1年目はアンケートを取らせていただき、2年目は、夢見ヶ崎動物公園、北部市場、生田緑地、川崎マリエンとその周辺の公園3年目は、川崎大師、カワサキハロウイン、ブレーメン商店街、江川せせらぎ遊歩道、川崎市子ども夢パーク、禅寺丸柿農家を訪問しました。インタビューや見学していく中で新しい発見もありとてもいい時間を過ごすことができました。

この川崎市良いところ探しで訪問した良いところは、「かわさきいいところマップ」としてリンクさせてもらいました。ぜひご覧ください。

「かわさきいいところマップ」

川崎市良いところ探し11か所を紹介します。                                      

の文字をクリックしてください

・エコキャップの回収・啓発活動   世界の子供たちにワクチンを届けられるように取り組んでいきます。燃やしてしまうことで発生する二酸化炭素の発生も抑えることができます。

(令和元年度は、1回目95kg回収、2回目275kg回収、3回目190kg回収 合計560kgになりました)ご協力ありがとうございました。

上記の活動を通して各行政区や他県子ども会議との交流、広報を行いました。

 

(2)「定例会議」の様子

活動場所日時のタイトル画像

このまま下にスクロールしていくと、実際の活動の様子が出てきます。

定例会議は、原則月2回、第1・3日曜日の午前10時から始めます。子ども委員が中心になり、サポーター、事務局がサポートして会議を運営しています。

今年度も「川崎市良いところ探し」の取り組みで、直接現地に行く日もあります。活動場所が変わりましたらその都度更新しますので、ご了承ください。

《2020年3月の活動の変更について》

次の2回の定例子ども会議を中止にします

中止 3月 1日(日)

中止 3月15日(日)  

新規開催予定 3月22日(日) 定例子ども会議(川崎子ども夢パーク)      10時から 

変更 3月26日(木) 市長報告会 10時00分集合

     午前中打ち合わせ その後報告会に参加します

《2020年4月の活動について》

〇第1回目 4月 12日(日)定例子ども会議(川崎子ども夢パーク)10時から 

〇第2回目 4月19日(日)定例子ども会議(川崎子ども夢パーク)10時から   

活動のタイトル

令和2年2月9日(日) かわさき子ども集会

午後 高津市民館で「かわさき子ども集会」を行いました。
前半は、各子ども会議の発表 後半はテーマに沿って話し合いが行われました。

《 前 半 》各子ども会議の発表
川崎市 川崎の良いところ探し、エコキャップの回収・啓発活動・交流
川崎区 サマーキャンプ、パークチャレンジ、地球温暖化
中原区 あだな、シャープペンシルの「気になるルールこれなあーに」、子どもの権利すごろく
高津区 人と人との関わりを大切にするまち 通常の会議やハロウィンの様子、収穫体験
多摩区 テーマ「命」にそって模擬・本会議を開き、意見交換で自分の考えを深める
参加者 子ども42人  大人34人 計76人

《 後 半 》(フリートーク)「川崎の前よかったこと 今よくなったこと」
参加者 Aグループ 14人  Bグループ 13人  Cグループ 13人  大人34人 計74人
(流 れ) 
・3グループに分かれる
1なくなって悲しい、残念だなと思うもの、思うこと
2できてうれしい、良かったなと思うもの、思うこと
3川崎のこれからよくなってほしいこと~できるといいな 変わるといいなと思うこと~
4 市長さんや川崎に住むたくさんの人たちに伝えたいこと、提案したいこと
- グループごとに発表 -
・他のグループの発表について、自分の思うこと
 

子ども集会の様子
子ども集会の様子

(子ども委員の感想です) 
・いろんな人と楽しく発表できた。
・ほかの子ども会議の活動について知ることができて、参考になった。(マスコットキャラクタやすごろく)
・フリートークが楽しかった。他校の生徒と話し合うことで、子どもの思う「川崎」が見えた。
自分たちがめざすべき目標となる「未来の川崎像」のイメージを持てた。次回も楽しみだ。
・全体司会は、他の子ども会議の感想を言うのが大変だったけどスムーズにできたと思う。
フリートークでは学校について話し合って盛り上がったので楽しかった。

 

子ども集会アンケートから   (大)大人  (子)子ども委員


(大)子どもたちが話し合いに参加し積極的に意見を言っていたのがすばらしいと感じた。          
(大)子どもたちの思い考えを直に聞くことができるから。          
(大)子供の成長を見たい。さらに濃い集会になることを期待する。          
(大)子どもの意見交換ができ良い体験になった。          
(大)子どもの素直な意見が聞けて面白かった。          
(大)他の子ども会議の活動内容について知れたから          
(子)本能的に来たいと思った。みんなが思っていることをもっと知りたい。楽しいから。          
(子)いろいろな人の意見を聞きたい。知らない人と発表するのがあまりないからいい経験ができた。          
(子)いろいろな会議の人たちと話すことができたのでよかった。また話したいと思った。          
(子)みんなと交流したいと思った。みんなで話すのが好きだ。          
(子)楽しかったし他の地区の子たちと仲良くなれた。いろいろな人の話を聞きたいから。          
(子)地球温暖化を少しでも止めたいから。          
(子)思ったことをみんなに話せる。          
(子)発表は緊張したけど他の区の活動がすごいなと感心した。          
(子)来年の子ども会議の状況を知りたいから          

子ども集会の様子
子ども集会の様子

子ども集会アンケートから   (大)大人  (子)子ども委員

・来年も来たいと回答した人は、95%

《来年も子ども会議に来たい理由》

(大)子どもたちが話し合いに参加し積極的に意見を言っていたのがすばらしいと感じた。          
(大)子どもたちの思い、考えをじかに聞くことができるから。          
(大)子供の成長を見たい。さらに濃い集会になることを期待する。          
(大)子どもの意見交換ができ良い体験になった。          
(大)子どもの素直な意見が聞けて面白かった。          
(大)他の子ども会議の活動内容について知れたから          
(子)本能的に来たいと思った。みんなが思っていることをもっと知りたい。楽しいから。          
(子)いろいろな人の意見を聞きたい。知らない人と発表するのがあまりないからいい経験ができた。          
(子)いろいろな会議の人たちと話すことができたのでよかった。また話したいと思った。          
(子)みんなと交流したいと思った。みんなで話すのが好きだ。          
(子)楽しかったし他の地区の子たちと仲良くなれた。いろいろな人の話を聞きたいから。          
(子)地球温暖化を少しでも止めたいから。          
(子)思ったことをみんなに話せる。          
(子)発表は緊張したけど他の区の活動がすごいなと感心した。          
(子)来年の子ども会議の状況を知りたいから          

令和2年1月19日(日)定例子ども会議 子ども集会の準備など

最初に2月9日高津市民館で行う「かわさき子ども集会」の個々の役割を決め、発表する原稿を考えました。

次に、夢パーク良いところ探しのために、午前中質問事項を考え、午後夢パークの職員の方にインタビューしました。とってもていねいに教えてくれました。そのあと施設を探検しました。

また、今日は夢パークイベント「KUJIROCK」です。子ども委員の知っている曲も演奏していて体も熱くなる楽しくて最高のイベントでした。

子ども会議の様子
エコキャップ回収ボックスの修理の様子
子ども会議の様子
インタビューの様子
夢パーク用に掲示する内容

令和元年12月22日(日)かわさき権利の日の集い

今日は、かわさき権利の日の集いです。川崎市子ども会議には、とっても大切な子どもの7つの権利を考える日です。前半は、子ども会議のコマーシャルタイム。後半は、高津区子ども会議主催で「人と人との関りを大切にする町」について考えてきました。
コマーシャルタイムは、大切な子どもの権利を中心にかわこの取り組みを発表しました。この日のために人形を作ったりビデオを撮影したり子ども委員は一生懸命取り組んでいました。
後半は相手の意見をよく聞き、考えを述べて取り組んでいました。ほんとうにお疲れさまでした。

全体司会の様子
発表の様子
発表の様子

令和元年12月15日(日)定例子ども会議 権利の日のつどいのための準備

1週間後の22日「かわさき子ども権利の日のつどい」ではコマーシャルタイムの時間 「かわこ」(川崎市子ども会議)の活動と子どもの権利条例を紹介することにしました。そのため年齢の低い人にも関心をもってもらおうということで人形劇を考えました。あれやこれやと考え、ビデオ撮りを行いました。

とても楽しく準備ができ、終わった人の中には外で火をおこしてお餅を焼いて食べる人もいました。火を扱えるなんて夢パークならではの活動ですね。

子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子

令和元年11月17日(日)「子どもの権利条約フォーラム2019」参加

今回は、「子どもの権利条約フォーラム2019」に参加してきました。
会場は溝の口から電車に乗って約1時間東大前で下車 文京学院大学本郷キャンパスで行われました。
        
内容は、「子どもの権利を考える」みんなで考えよう!「自分らしさ」って何だろう?です。
今年は「子どもの権利条例」が国連で採択(さいたく)され30年、日本が批准(ひじゅん)して25年の節目(ふしめ)の年だそうです。
「子どもの権利条約」を定着・浸透させるとともに、子どもが安心・安全に学び育つことができる学校・社会をめざしていくフォーラムでした。

午前中は、子どもの権利条約を楽しんで学べるすごろくを使った取り組みでした。他市からきた児童と一緒にグループを組み、子ども委員も夢中になって取り組んでいました。
後半の取り組みでも自分の考えを発表できていました。

ランチセミナーは、「自分らしさは自分を大切にすること?」「自分が嫌になったらどうするの!」「その時どうするの」など
参加者にも自分の好きなところ、嫌いなところをあげてもらいながら「自分らしさ」について考えあうきっかけにするセミナーでした。

朝が早く頑張った1日でした。子ども委員は自分の考えなどしっかり発言して真剣に考えてくれました。「さすがだ。」という印象でした。とてもうれしい充実した1日になりました。

フォーラムに参加している様子
フォーラムに参加している様子
フォーラムに参加している様子

令和元年10月27日(日)かわさきハロウィンでの取り組み

「川崎市の良いところ探し」を川崎市で体験してきました。今回は「うあー」「ぎゃー」とすごい、楽しい、面白い体験でした。午前中は、川崎大師 午後から川崎駅周辺・カワサキハロウィンを見学しました。

~川崎大師~ 

午前中は川崎大師の見学です。初めて訪れた子ども委員も多く初詣でも有名な川崎大師に興味津々でした。参道の両側には、くずもちの店、だるまの店、せき止飴やとんとこ飴の店も多く

が並んでいました。正面の大山門を通り大本堂へと歩いていくとお寺の大きさに圧倒されました。境内を散策し八角五重塔の前でのインスタ映えするスポットを見つけることができたようです。

子ども委員からの感想です。
・とんとこ飴を切るリズムがいい
・とんとこ飴等の試食があってよかった。
・くずもち、飴がうまい。
・インスタ映えスポットがある。(五重塔の前)
・とんとこ飴が一番のアピールポイント
・ハトが多く楽しい。
・とんとこ飴は、タンキリ飴とも呼ばれている。ハロウィン限定の飴もあった。
・屋台が多い。達磨とかおみやげとかいろいろなお店があって見ているのも楽しい。
・伝統を守っているお寺だ。

川崎大師を見学する様子
川崎大師を見学する様子
川崎大師を見学する様子
川崎大師を見学する様子
川崎大師を見学する様子

~カワサキハロウイン~

ハロウインパレードは、午後2時30分からのスタートですが、午前中に川崎駅で子ども委員が集合したときも仮装した人が電車を降りて続々集まってきました。
子ども委員が2名参加することができ、参加者から見た感想も聞くことができました。
子ども委員からの感想です。感想が多いですがぜひ読んでください。来年も行きたいですね。
・楽しい!
・仮装のレベルが高い
・仮装して参加すると道路が広々としてみえた
・規模が大きいのに治安が良い
・怖い仮装をした人がたくさんいた。
・パレードの進行が速い。
・パレードの参加する人のノリがいい
・正直いろいろな人がかかわっていることもあってクオリティーが高い。
・面白いところは、知っているキャラなどが通ると楽しくなる。
・仮装した人が手を振ってくれるとハッピーになる
・回っている先導者から流れる曲の音量がすごい。
・ウエディングセレモニーをパレード始まる前にしていた。
・チネチッタ前はあまりにも混んでいて仮装コンテストが見えない。
・道が混みすぎてパレードは、後ろの方から見ることになる。
・パレード前に見学場所を決め、待っているしかない。
・恐竜仮装は、必見
(小学生以下のキッズへのお菓子について)
・小学生以下に配布してくれる飴を何か所かでもらえてチョー楽しい。
・昼過ぎから飴をもらいに行ったのですでにおわっている店も多かった。
(他)
・地下と地上がマッチしたMAPがほしい。
・地下はスムーズに移動できた。
・帰りの電車が意外と混んでいなかった。
・東京ゲゲゲイに会えなかったのが残念。
・受付の人が意外と面白かった。

カワサキハロウィンの様子
カワサキハロウィンの様子
カワサキハロウィンの様子
カワサキハロウィンの様子

令和元年10月5日(土)禅寺丸柿農家訪問

〇禅寺丸柿と他の柿とはどう違うのかなどおうかがいしてきました。農家は、若葉台駅から徒歩10分ぐらいのところにありました。

いってすぐ試食ができてうれしかったです。禅寺丸柿という柿について知れば知るほど興味がわいてきました。
家に帰ってさっそく禅寺丸柿を薄く切ってサラダに混ぜて食べてみました。サラダ全体がまろやかになりとてもおいしくいただきました。
子ども委員からの感想です。
・禅寺丸柿が、思ったよりすごく甘くおいしかった。
・柿は苦手だったけど禅寺丸柿を食べたらおいしかった。
・禅寺丸柿のキャラクター「かきまるくん」がかわいい。あくしゅさせてもらった。
・柿をとる「ばっぱさみ」をはじめて使った。枝ごととるのをはじめてみた。
《ばっぱさみ(約5mの長さの竹でその先端を十数センチコの字にカットしてある。)柿をとるとき、「ばっぱさみ」のコの字にカットした部分を柿の枝をはさむように入れ竹を回しながら枝ごともぎ取る。》
・柿は小さくてかわいかった。
・収穫するために、木登りの達人になっている。
・農家の方が柿のとり方をいろいろ教えてくれてとてもうれしかった。
 よくとり方がわかった。
・実際来てみなきゃあわからないものだ。
・柿の歴史を知るのもたのしいところだ。
・柿の採れる量におもて年、うら年があったなんて驚きだ。
今年はうら年で台風や猛暑のため収穫量も少なく出荷した11軒で750kgで昨年は、出荷50軒で5.5t だった。

〇柿農家から(5分ぐらい)歩いてすぐのところに芋ほり、落花生ほりができる場所があり体験してきました。
若葉台駅からも歩いて約10分ぐらいでつく場所にあり、ファミリーでも電車で来れるので立地的にもいいところだと思います。

子ども委員の感想です。
・駅からも少し歩けばつくので電車でもOK
 徒歩で若葉台駅から約10分、黒川駅から約15分の場所 
・おいもが手ごわい。深く掘らないとイモが折れてかけてしまう。
・大きいお芋がたくさんとれてうれしい。
・いもの下の方まで掘るのに時間がかかったが、楽しかった。
・小さい子を連れた家族でも十分楽しめる。
・落花生は1本にたくさんついていて料理に使える。

禅寺丸柿についての画像
禅寺丸柿についての画像
禅寺丸柿についての画像
禅寺丸柿についての画像
禅寺丸柿についての画像
禅寺丸柿についての画像

令和元年9月1日(日)定例子ども会議 良いとこ探しの目的地探し

・「川崎市良いところ探し」の検討:次はどこにしようか? 一人ひとり地図を見たりパンフレットを見たりしながらイベント内容や見学場所を検討しました。
「カワサキ ハロウィン」、「電車とバスの博物館」「東芝未来科学館」「ユネッティ王禅寺」などが候補として出てきました。
一番多かったのは「カワサキ ハロウィン」でした。10月27日(日)に川崎駅前でパレードが行われます。
どのようにハロウィンの楽しさをレポートしたらいいか意見を持ち寄りながら次回検討していくことになりました。
また、以前あげていた麻生区禅寺丸柿もどこに行ったらいいか検討します。

・来年度に向けて
今疑問に思っていることをふせんに書き込み、発表してもらいました。
(例)
・安全面で危ないところなのにカーブミラーが設置されていないところがある。
・公園でボール遊びができなくて困っている。遊ぶ施設が少ない。
・交番が少ないので落し物を拾っても交番に届けるのに苦労する。
・通行する道幅が樹木があるため狭くなって通りにくい。
・無断駐車で困っている。
・放置自転車で通行が妨げられた。
・バスがなかなか来ない。混む。
・バスの中でスマホに夢中で前に立っているおじいちゃんに気が付かない。など

会議の様子
子ども会議の様子

令和元年8月4日(日) 定例子ども会議 前回訪問の振り返りとポスター作り

夏。。。を感じる体感温度です。

今日は、前回の「江川せせらぎ遊歩道とブレーメン通り商店街」に訪問した時に
理事長にお聞きした内容をまとめたものを見直して、つけ加えることがないかの確認をしました。

 次に、9月21日のイベント「ごえん楽市」に掲示する「川崎市子ども会議の活動内容と子供委員募集」を模造紙にまとめポスターをつくる作業をしました。

また、近くのスーパーマーケット「マックスバリュー」で保管していただいたエコキャップを回収し、袋の中に入っているゴミを取り除く作業を行いました。

次回の活動は9月になります。

子ども会議の様子
子ども会議の様子

令和元年7月21日(日)「江川せせらぎ遊歩道と元住吉ブレーメン通り」中原区良いところ探し

今回こども委員11名が参加しました。梅雨がまだ明けていない中、天候が一番心配だったのですが、曇りの天気で1日過ごせてラッキーでした。
直射日光も浴びることなく、風も吹いていたため体感温度も少し緩和されたのではないかと思います。江川せせらぎ遊歩道を通り井田まで出て
元住吉ブレーメン通りを歩きました。武蔵新城駅を出発して20分経過したところで、コンビニに寄り熱中症対策に一人1本飲み物を受け取り一息つきました。近くの公園で打ち合わせをして散策を続けました。

新庄駅前の様子

江川せせらぎ遊歩道についての子ども委員の感想です。、
・川の水が透き通っていて生き物がたくさんいた。
・自然が多くて、静かでした。
・コイなどの生き物がいて自然と触れ合ういい機会でした。
・花壇があって、地区ごとにいろいろな花を植えていた。
・車いすも通れる道幅だった。
・カモがくつろいでいた。途中休憩スペースもあって良かった。
 などなどとても好印象を受けました。

江川せせらぎ遊歩道の様子
江川せせらぎ遊歩道の様子
江川せせらぎ遊歩道の様子
江川せせらぎ遊歩道の様子
江川せせらぎ遊歩道の様子
江川せせらぎ遊歩道の様子

そのあと、スーパーマーケットで一息。昼食をとって、元住吉ブレーメン通り商店街に向かいました。
「商店街は、どうしてこんなにたくさんの人でにぎわっているの?」など
ブレーメン通り商店街の理事長 伊藤 博さんにインタビューしてきました。
子ども委員からのいろいろな質問に対して快くお答えいただきとても感謝です。
子ども委員からの商店街についての感想です。
・ファミリー、おじいちゃん、おばあちゃんなど利用している年代の幅が広い。
・お菓子屋さん、パン屋さんなど食べ物やさんが多い。
・〇〇専門店のお店が多い。
・にぎやかな駅で人が多いが通行には困らないでちょうどいい人数。
・ブレーメンのオブジェがあっちこっちにあっていい。
・ポイントカードも人を呼び込めるように考えている。
・値段も安く感じた。
・商店街の途中に多目的トイレや休憩所があり人にやさしい。

平和公園にある平和館で、今日の振り返りを行いみんなの意見や感想を共有しました。
                         

ブレーメン通りの様子
ブレーメン通りの様子
平和館で振り返りの会議の様子

令和元年6月16日(日)「さんの市」と「どんなもんじゃ祭」で高津区の良いところ探し

アジサイのイラスト

高津区の良いところ探しをどこにするかあれこれとみんなで考えている中で
ちょうど高津区の「さんの市」と「どんなもんじゃ祭」が同じ日にあるということがわかりました。
今日は、農業とエコについてどんな出会いがあるか楽しみにして参加しました。

「さんの市」は地元の生産者が直接販売してくれる市でした。とれたての野菜を中心にジャムなど野菜を使った加工品やおやつ類、花、パン、コーヒー豆などいろいろなお店が並んでいました。
普段なかなか目にすることができない野菜 「インカのめざめ(ジャガイモ)」、「コリンキー(かぼちゃの一種)」などもあり興味深いものでした。

さんの市の様子
さんの市の様子

次に「どんなもんじゃ祭」の会場に移動。高津区内さまざまな市民団体の活動を見せていただきました。
ここで出会った人たちから高津区をよくして行こうとする取り組みにもふれることができました。
 部屋の中をのぞいていくと体験がいっぱい。
いいかおりと環境にやさしいデコ石鹸つくり、竹のかざぐるま、ビュンビュンゴマ、30秒で小豆を何個運べるかなどです。
粉石けん「きなりっこ」のビデオと説明で、合成洗剤と粉石けんの違いを見せてもらいました。
そして「さんの市」で試食券をゲットしていたので野菜スープをいただくことができました。
地元の野菜やウインナーをいただきました。とにかくおいしくておもわず「おかわり」と言いたくなりました。

どんなもんじゃ祭の様子
どんなもんじゃ祭の様子
どんなもんじゃ祭の様子

学習もしましたよ。今回2つの言葉を学びました。一つは、「SDGs(エスディージーズ)」 もう一つは「EM(イーエム)」です。
「知らなかった!すごい!実際にしてみたい」という感想でした。

SDGs(エスディージーズ)は、2015年に国連で開かれたサミットの中で決めた持続可能な開発目標で2030年までに達成すべき17の目標だそうです。
これが国際社会共通の目標になるのだそうです。
「目標1貧困をなくそう」  「目標2飢餓を0に」 「目標3すべての人に健康と福祉を」
などです。
日本は17目標のうち、達成されていると評価されたのは「目標4 質の高い教育をみんなに」の一つだけで他は未達成になっているそうです。
気になったのは、目標11 住み続けられるまちづくりを
           目標12 つくる責任つかう責任
           目標14 海の豊かさを守ろう  などです。
「難しそうだけでは片づけられない。一歩踏み出すのにこれからどうしたらいいかなあ」と考えさせられました。
もう一つの
EM(イーエム)は、有用微生物群。自然界から採種し、抽出、培養した微生物。
難しそうですが、
土が生き生きし農薬や化学肥料を使わなくても作物が豊かに実るようにする。
ことだそうです
EMがプールを掃除してくれる。EMがトイレのにおいをおさえてくれる。
キューリの苗1本から150本を収穫している。など話を聞いて衝撃をうけました。
「生ごみをリサイクルし、たい肥を作ってみたい。植物を育ててみたい。」という気持ちにさせてくれました。

どんなもんじゃ祭の様子

このあと「てくのぷらざ」に移動しみんなで振り返りと次回の確認を行いました。

てくのぷらざで振り返りの会議の様子
紫陽花のイラスト

令和元年6月2日(日) エコキャップ回収定例会議

今年度 業者に来ていただき 第1回目エコキャップ回収を行いました。
回収量は95kg(40850個)でした。皆さんご協力ありがとうございました。


会議は、中原区の良いところ探しをどこにするか
前回に引き続き3案について話し合いました。

その結果、江川せせらぎ遊歩道とブレーメン通りをめぐるコースに
決まりました。桜の季節が最高だそうですが違うシーズンでも
その良さを調査してきたいということで決まりました。

次回は、「さんの市」と「どんなもんじゃ祭り」に参加します。
結果は、次回お知らせします。

エコキャップを運んでいる様子
エコキャップを運んでいる様子
会議の様子
会議の様子

令和元年5月12日(日)探検定例会議

今日は、新しいメンバーも加わり和気あいあいとした雰囲気で活動しました。活動は次の通りです。

(1)高津区の「川崎市の良いところ探し」で訪問するところはどこにしたらいいかを話し合いました。「川崎市子ども夢パーク」がいいのではないか。ということにまとまりました。それと高津区は、「農のあるまちづくり」や「エコ・リサイクル」にも関心を持って取り組んでいます。6月16日の「さんの市」と「どんなもんじゃ祭」に参加しその一端を紹介できたらいいなあとの感想をもちました。そして子ども夢パーク内を探索し職員の方に質問したりログハウスの中に入らせてもらったり楽しい時間を過ごしました。

 

会議のようす
会議の様子
夢パークの様子
夢パーク内の様子

(2)後半は、子ども委員募集のちらしを折る作業です。ぜひ参加してもらいたいという思いでA4の6分の1の大きさのチラシを6000枚折りました。この続きは次回取り組みます。

募集のしおり
募集のしおり

平成31年4月21日(日) 定例会議「一緒に活動してほしいなあ」

誰がどんなことを中心になって活動を組み立てていくかを考えました。

次に「子ども会議子ども委員募集」のチラシやポスターについて

写真を撮ったり、ポスターのレイアウトを考えたりしました。

会議の様子
こども会議のメンバー

平成31年4月7日(日)今年度スタート 定例子ども会議

今年度の川子(川崎市子ども会議)もスタートしました。
今日は、3月26日の「市長さんへの報告会」の成果と反省から始まりました。
当日の記事は、3月27日発行の東京新聞に載りました。
次の内容は、子ども委員からの言葉です。
「とても緊張した」「みんなしっかり発表していた」
「新聞記者の質問の中で苦労したことをうまく答えられなかった。」
「子ども集会のことなど苦労した点も入れるべきだった」
「成果を得るまでの過程にもっと触れるべきだった。」
「市長さんに会えてうれしかった」などなどです。

次に今年度の目標としては、次の2点を意識して取り組もうということになりました。
・提言をしっかりまとめる。
・朝みんなで前回の振り返りを行う

みんな意見を出し合い、有意義な会議でした。

定例会議の様子

平成31年3月26日(火)市長さんへの報告会

1年間川崎市子ども会議で取り組んだ活動内容を市役所にお伺いし市長さんに報告しました。

市長さんからは、
・小中高校生の若い人の目線で「川崎市の良いところ」を発信することはとても有意義
・エコキャップをずっと継続して回収することが大切
などお褒めの言葉やアドバイスをいただきました。

次年度は、継続するものと新たに活動するものなど話し合いながら進めていきたいと思います。

市長さんへの報告会の様子
市長さんへの報告会の様子
市長さんへの報告会の様子

平成31年3月3日  定例会議を川崎市子ども夢パークで活動しました

今年度3回目のペットボトルキャップを回収です。回収業者「アルファ・ジャパン」に来ていただきました。

今回の回収量は、178kgでした。個数にすると76540個です。今年度3回の合計で523kgになりました。

ポリオ(小児麻痺)ワクチン130.8人分を寄付することができ、もしエコキャップをごみとして燃やした場合に発生するCO2(二酸化炭素)1647.5kgを削減できました。 

子ども会議は、「市長さんへの報告書」の原稿の確認と役割を決めました。次回は、市長さんへの報告の段取りの確認です。

子ども会議活動の様子
子ども会議活動の様子
子ども会議活動の様子
子ども会議活動の様子
子ども会議活動の様子

平成31年2月3日(日)定例子ども会議での取り組み

先週の「子ども集会」で川子が発表した年間活動内容についてよかったこと直していきたいことなどを話し合いました。
そのあと「川崎の良いところ探し」で行ったところをもう一度振り返り、小中高生にどこを見てほしいかを委員個人個人の視点で挙げてみました。
そして「市長さんへの報告書」作成に向けて一歩動き出しました。

会議の様子
会議の様子

平成31年1月27日(日)かわさき子ども集会の様子

第21回 かわさき子ども集会 高津市民館 大会議室午後1時から4時まで                                 
(前半) 川崎区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、川崎市の子ども会議が参加して
今年度の子ども会議での活動内容について発表しました。
どうしても限られた時間の中での発表だったので、すべてを知る余裕はなかったのですが
発表に工夫もあり、とても興味深い取り組みでした。
川子のメンバーは、分担して全体の司会、子ども会議代表挨拶、川子の発表、初めの言葉、終わりの言葉と大忙しでした。
緊張の中 しっかりとした口調でとてもいい挨拶や発表となりました。

(後半)テーマ「あなたの理想の川崎は?」を考えました。
4グループに分かれ、まず川崎のいいところ悪いところを付箋に書いてもらいました。 
次に、「こうすればもっと良くなる」、「こうすれば悪いところが改善する」
という内容を別の付箋に書き込み、川崎の残念な内容へのアドバイスにもなりました。
そして一人ひとり理想の川崎についてイメージし、一つにまとめグループごとに発表しました。

「ドヤ!れる町川崎」     「どこよりも一番幸せなかわさき」

「愛であ(アイデア)で幸せを作る街川崎」   「夢を叶える幸せの町川崎」

真剣に取り組むことができ有意義な活動でした。

 

子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子
子ども集会の様子

平成31年1月20日(日)定例子ども会議での取り組み

子ども夢パークで活動しました。今日はKUJIROCK(クジロック)のイベントがあり
活動中演奏曲が流れてきました。とてもハイレベルなロックのメロディーで驚きました。
子ども会議の活動内容は、来週にせまった「かわさき子ども集会」での発表の最後の追い込みです。
原稿作りや読み合わせなど濃厚な1日でした。ぜひ来週高津市民館に見に来てほしいと思います。

 ・・・「第21回 かわさき子ども集会」・・・

1月27日(日)高津市民館 12階大会議室

13:00 開会式
13:10 各子ども会議の活動報告
14:20 フリートーク「あなたの理想の川崎は?」
15:40 閉会式

〇時間は、前後する場合もあります。ご了承ください。
ぜひ、みなさんお越しください。見学大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

活動の様子

平成31年1月13日(日)定例子ども会議での取り組み

2019年1回目の定例会議です。活動場所の子ども夢パークでは、「初夢!新春イベント」が開かれていました。
もちつき、どんど焼き、昔遊び、書初めととても楽しいイベントでした。                                                                  その中で「子ども会議の委員募集」のチラシを配らせてもらいました。
 部屋の中での委員の活動としては、こども集会の発表に向けての段取りや発表原稿づくりに取り組みました。

子ども委員募集のチラシ配布の様子
夢パークの様子
活動の様子
活動の様子
活動の様子
夢パークの様子

平成30年12月16日(日)定例子ども会議での取り組み

昨日は「かわさき子ども権利の日の集い」に参加し、今日は子ども夢パークで定例の子ども会議を行いました。
                                                              活動内容は、

・昨日の成果と反省 で発表内容・発表の仕方・発表の様子を振り返り、次回はどのような工夫や改善点があるかを出し合いました。とても、スムーズに聞きやすい声で司会も発表者も発表内容が聞き手に伝わっていたと感じています。

・1月27日(日)午後1時から4時まで「第21回かわさき子ども集会」を高津市民館 大会議室で開催します。
 川崎市子ども会議と参加していただける区の子ども会議が活動報告をした後、フリートークということでいくつかのグループに分かれ 意見交換をします。
 その時の段取りと話し合うテーマ決めを行いました。

 テーマについて、いろいろな意見を出してもらった後話し合いを行いました。
最後は、「あなたの理想の川崎は?」でどうでしょう、という意見になりました。
そのままこのタイトルで行くか未定なところはありますが、このような内容で話し合いが持てればと思います。


当日来ていただいた皆さんも参加できます。いい機会ですのでぜひ参加してみてはいかがでしょう。たくさんの方の参加をお待ちしてます。

会議の様子
活動内容をまとめている様子
会議の様子

平成30年12月15日(土)かわさき子どもの権利の日のつどいでの取り組み

今日は「かわさき子どもの権利の日のつどい」に参加しました。
まずは、「子ども会議のコマーシャルタイム」での発表です。
全体の司会も川崎市子ども会議で担当しました。川子の発表では、今年どんな活動をして、これからどんな活動をしていくのかを話しました。
川崎市の良いところ探しでどんなところに行ったか、エコキャップの回収状況はどのくらいか、高津区の子ども会議と交流しどんなことをしたか
と「子ども集会」への参加呼びかけ、「市長さんへの報告会」があるということ、「定例子ども会議」に気軽に参加してほしいことの話をしました。

権利の日のタイトル
権利の日のポスター
コマーシャルタイムの司会をしている様子
コマーシャルタイムの発表をしている様子
こども会議のチラシを配布している様子

そのあと「さいわい防災子ども会議」に参加し、防災を考えるいい機会になりました。
非常持ち出し袋に何が入っているのか、何を用意しておいた方がいいのか、懐中電灯をランタン代わりに明るくするためには、ペットボトルやコンビニでもらうような白いポリ袋を活用すればいいということを知りました。
そしてトイレです。水が出ないだけでなく水が出るようになっても下水管が壊れているとトイレが使えない。
そんな時用に非常用にトイレにビニール袋をセットして凝固剤を利用するなどの準備も大切なことを学びました。
とても有意義な1日でした。

防災会議の様子
防災会議の様子
防災会議の様子

平成30年12月2日(日)定例子ども会議での取り組み

定例こども会議を子ども夢パークで行いました。
12月15日の「かわさきこどもの権利の日のつどい」に向けて                                           そのときのコマーシャルタイムで使用する「川崎子ども集会」のお知らせポスター
を中心に作成しました。


「かわさきこどもの権利の日のつどい」は、12:30から16:00まで幸市民館で行われます。
たくさんの催し物が企画されています。ぜひ遊びにきてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1月27日(日)には、「川崎子ども集会」を午後1時から4時まで

 高津市民館で行います。

 詳細についてはもう少し近づいてからお知らせします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子ども会議での活動内容
子ども会議での活動の様子
子ども会議での活動の様子
子ども会議での様子

平成30年11月18日(日)定例子ども会議での取り組み

平成30年11月18日(日)定例こども会議を子ども夢パークで開きました。

気温が少し下がってきたためか、夢パークを利用する子どもも少なく静かな朝でした。

11月18日の取り組みは次の(1)~(3)です。

(1)予定の確認

12月15日「権利の日のつどい」までの打ち合わせは、12月2日(日)のあと1日

1月27日「子ども集会」までの打ち合わせは、12月16日,1月13日,20日の3日

3月下旬「市長さんへの報告会」までの打ち合わせは、2月3日,17日,3月3日,17日の4回

昨年それぞれの時期に何をしていたかを振り返りながら気をつけなければならないことを考えました。

(2)「権利の日の集い」での活動内容

〇12:50からの「こども会議のコマーシャルタイム」では、高津区子ども会議・幸区子ども会議・川崎市子ども会議(川子)が参加予定。各5分間の中でどのようにアピールするかを考えました。

川子では、川子の代表者がアピール内容を発表する。

模造紙に「子ども集会への呼びかけ」「オープン会議の呼びかけ」等を作成する。

〇14:00から「さいわい子ども防災会議」に参加。

〇今回空いた時間でのアンケート調査は、行わないことを確認した。

〇受付で子ども会議のチラシを配布する。

(3)今までの取り組みの続き

   良いとこ探しの広報内容等

 

夢パークの様子
子ども会議の入り口
子ども会議の様子

平成30年11月4日(日)こどもゆめ横丁2018 での取り組み

子ども夢パークでこどもゆめ横丁のイベントがありました。こどもゆめ横丁は、こどもたちの本気、やってみたい気持ちを大切にしたいという思いから始まったイベントだそうです。
そこで川崎市こども会議のメンバーは、こども会議の知名度を挙げる目的で「こども委員募集」のちらしを制作。
そこにちょっとしたおまけをつけて 横丁内を歩きながら参加の呼びかけを行いました。
また、2Fのこども会議の部屋に遊びに来てもらうために、あれこれ考えて取り組んでいました。
雨が降ったりやんだりの1日でしたが、夢横丁での売り子の声が響き渡ってとってもにぎやかな楽しいイベントでした。

 

子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子
子ども会議の様子

平成30年10月21日(日)定例子ども会議での活動の様子です

今日は、子ども夢パークでの活動でした。
活動場所を説明します。南武線津田山駅を降りて踏切を渡り、スーパーマーケットマックスバリューを右に見ながら右方向に進み、道に沿って行くこと5,6分で子ども夢パークです。その2階に上ると子ども会議室があります。子ども会議の旗が目印です。

部屋の入り口にたてる子ども会議の旗の写真
部屋の入り口にたてる子ども会議の旗の写真

夢パーク内は、11月4日のこどもゆめ横丁のイベントの準備であっちこっちで金づちやのこぎりの音が聞こえてきました。

活動内容は、次の通りです。

(1)横丁での取り組みの確認と準備(おまけをつけたパンフレットの配布方法。オープン会議の持ち方。等)

(2)かわさき子どもの権利の日のつどいでの参加(1日の流れとコマーシャルタイムでの司会進行発表について)

(3)エコキャップ回収車への対応(今年度6月についで2回目の回収になります)
2回目の回収量については、171kg 73530個 でした。ポリオ(小児麻痺)のワクチン42.8人分キャップをごみとして焼却した時のCO2538.7kgを削減することができます。 協力していただいたみなさんありがとうございました。

(4)分担している報告書などの取り組み

      

横丁準備の様子
会議の様子
会議の様子
あつめたエコキャップ
回収車に積み込む様子
回収車に積み込む様子

平成30年10月7日(日)定例の子ども会議で活動しました

急に気温も上がり暑い1日でした。川崎市子ども会議室ではクーラーが活躍していました。外をみると夢パークに遊びに来ていた子どもたちが泥んこになり楽しそうに遊んでいました。

子ども会議は、(1)川崎マリエンでの振り返り(2)こどもゆめ横丁で募集のビラ配布とオープン会議を開こうという案(3)今後の予定について話をしました。

 

子ども会議活動の様子
子ども会議活動の様子

平成30年9月30日(日)川崎マリエンへ川崎の良いところ探しに出かけました

川崎駅から30分バスに乗ると川崎マリエンです。今回は、川崎市良いところ探しで現地に出かけました。
川崎マリエンは、川崎市民と川崎港との交流のために作られたものだそうです。
川崎マリエンは、日本夜景遺産に認定され10階地上51m360度、回遊式展望室からの川崎港、工場など眺めは素晴らしいものがあります。晴れて空気が澄んでいるときは最高です。夜9時まで見学することができます。
施設としては、体育館でバドミントン、外でテニスを楽しむことができます。予約が必要なのでふれあいネットカードを作っておくと便利です。
また、お忙しい中 川崎港振興協会の皆さんには気軽にインタビューに応じていただきありがとうございました。
今回は、天候がおもわしくなく東扇島東公園は行けなかったのですが羽田飛行場に着陸する飛行機や行きかう船も見られてロケーションもなかなか良いようです。

川崎マリエンと周辺の公園についての子ども委員の感想(PDF形式,944.54KB)

 

マリエンを散策している様子
マリエンを散策している様子
マリエンを散策している様子
インタビューをしている様子
マリエンを散策している様子
マリエンを散策している様子

平成30年9月16日(日)定例川崎市子ども会議

定例のこども会議を川崎市こども夢パークで開きました。
今日の活動は、次の通りです。
(1)9月30日川崎市良いとこ探し「川崎マリエン」での時間場所内容
(2)11月4日川崎市こども夢パークで開かれる「こどもゆめ横丁」にどんな形で参加したらいいか
(3)広報内容、エコキャップの御礼ポスター作成

 

子ども会議で話し合っている様子

平成30年9月2日(日)定例川崎市子ども会議

1日は、高津区子ども会議との交流。2日は川崎市子ども夢パークでの子ども会議を行いました。内容は、生田緑地と北部市場に行ったときの振り返りと9月30日に川崎市の良いところ探しにどこへ行くかを検討しました。その結果「川崎マリエン」を取材することになりました。より多くの良いところを紹介できるようにしたいと考えています。

話し合っている様子

平成30年9月1日(土)高津区子ども会議との交流

高津区子ども会議の活動に川崎市子ども会議の委員も参加し、交流することができました。活動場所は、梶ヶ谷の農園です。
農園で育てている野菜やイベント内容、地域とのかかわりについてのお話を聞き、そのあと野菜の収穫を体験しました。
「おもや」にもどってから4班に分かれて意見を出し合いながらゲームを楽しんでいました。
そして、いよいよ昼食です。高津区で採れた新鮮な野菜のてんぷらとソーメンをいただきました。とても満足した1日になりました。

農園の説明をしている様子
野菜を見ている様子
野菜について尋ねている様子
野菜の説明を聞いている様子
野菜を収穫しているようす
班対抗ゲームをしている様子
班対抗ゲームをしている様子
そうめんを食べている様子
集合している様子

平成30年8月17日(金)北部市場の良いところ探し

市場とは、どんなところか興味津々で見学に行ってきました。残念ながら競(せ)り売りには間に合わなかったのですが、広い市場を職員の方に案内していただきながら市場の仕組みや仲卸業者がご努力されていること、冷蔵倉庫の使い方などを学ぶことができました。新鮮な魚や肉、果物、野菜だけでなくさまざまな関連商品を扱っているのでイベントに必要なものがほとんど市場の中でそろってしまうようです。次回ゆっくり買い物したいですね。

北部市場での子ども委員の感想(PDF形式,256.83KB)

北部市場についたところ
職員の方から説明していただいている様子
市場内青果棟の見学している様子
バケツに購入する氷を入れているところ
魚屋さんを見学している様子
高津市民館で振り返りをしている様子
子ども委員の意見

平成30年8月5日の定例川崎市子ども会議 

新しく一人子ども委員を迎えました。まだまだ子ども委員募集中です。初めはわからなくて当たり前です。そんなにハードルは高くありません。ぜひ皆さんも第1と第3日曜に川崎市こども夢パークにお越しください。9月だけは、2日、16日、30日の3回活動します。9月後半良いとこ探しに出かけるかもしれませんので200-3565 生涯学習推進課 子ども会議担当職員までお電話ください。みんなで楽しくみんなの川崎を考えましょう。

この日は、次回8月17日の北部市場について活動内容を確認しました。

 

8月5日の会議の様子1

平成30年7月25日 生田緑地で良いとこ探し

「川崎市良いところ探し」 第2回目生田緑地に行ってきました。

子ども委員が3コースに分かれて探索してきました。ちょっと暑い中でしたので水分補給を十分にとり体調に気を付けながらの良いとこ探しでした。

***子ども委員の感想です***

「中学生以下は、無料の施設も多くお得感が満載です。」

「プラネタリウムは、解説員さんがその時に応じた解説をしてくれるので興味深く、季節ごとに訪れたくなりました。」

「藍染体験は、教えてくれる方がとっても親切でいろいろな染め方を教えてくれます。」

「岡本太郎美術館は、岡本太郎の魅力に触れると同時に独特な雰囲気に包まれます。」

「日本民家園は、地方の昔の暮らしに触れて新しい発見がありました。売店の「栃の実大福」がとってもおいしかったです。」

生田緑地での子ども委員の感想(PDF形式,309.14KB)

 

生田緑地良いところマップ
藍染体験をしているところ
日本民家園内見学
プラネタリウムまえで説明を聞いているところ
日本民家園内
とんもり谷戸散策
生田緑地での振り返り会議

平成30年6月27日 エコキャップ回収

平成30年度 第1回目の回収のため業者の方に川崎市子ども夢パークに来てもらいました。

回収量は、74,820個で174kgありました。ポリオ(小児麻痺)ワクチン43.5人分寄付することができました。

回収については、(1)学校から子ども夢パークに持参していただいたり、送っていただいた分(2)子ども夢パーク近くのスーパーマーケットに回収箱を置かせていただき寄付していただいた分(3)教育委員会の各フロアに回収ボックスを設置していた分の合計になります。ご協力ありがとございます。

子ども委員が、エコキャップを回収しているところ
エコキャップを回収する車の前
エコキャップを回収するところ

平成30年6月3日夢見ヶ崎動物公園でいいとこ探し

「川崎市の良いところ探し」 で夢見ヶ崎動物公園に行ってきました。子ども委員の目線で調査してきました。気さくな園長さん、飼育員さんにインタビューさせていただきとても有意義な楽しい時間を過ごすことができました。現地に来なければわからない面白さをたくさん見つけました。

夢見ヶ崎動物公園での子ども委員の感想(PDF形式,216KB)

夢見ヶ崎動物公園良いとこマップ
動物公園でインタビュー
フンボルトペンギンを眺めているところ
フサオマキザル見学

平成30年4月22日の定例会議

今年度取り組む「川崎市の良いところ探し」を具体的にどう進めていったらいいか意見を出し合いました。

川崎市子ども会議で文章を検討しているところ
川崎市子ども会議で話し合っているところ

平成29年9月17日の定例会議

この日は、エコキャップを回収しに来てもらいました。今年度2回目の回収で、後で調べてもらったところ、全部で174kgあったそうです。6月にあった1回目の回収の126kgと合わせると、これまでに300kg回収したことになります。




平成29年9月3日の定例会議

「川崎市の良いところ探し」について、アンケート項目を考えています。





平成29年6月4日の定例会議

新しいテーマ「川崎市の良いところ探し」について、これからどのように進めていくかを考えています。







平成29年4月23日の定例会議

今年度の活動について話し合いました。この日は市政だよりの取材を受けました。




(3)行事

平成29年12月16日(土)かわさき子どもの権利の日のつどい

平成29年度かわさき子どもの権利の日のつどいが、宮前市民館を会場に開催されました。川崎市子ども会議、中原区子ども会議、高津区子ども会議、宮前区子ども会議が参加しました。川崎市子ども会議は、オープニングの「子ども会議のコマーシャルタイム」と午後の「宮前子ども会議」に参加しました。「宮前子ども会議」では、中原区子ども会議のみなさんと一緒に川崎市の良いところについて話し合い、発表しました。宮前区子ども会議のみなさんの発表も、これからの「川崎市の良いところ探し」に活かしていきたいと考えています。







このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3303

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88syogai@city.kawasaki.jp