現在位置:

幸区の年表

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月8日

年表

明治

  • 明治17年(1884)
     明治天皇が小向梅林(現・御幸公園)に行幸する。
  • 明治21年(1888)
     横浜煉瓦製造所(後の御幸煉瓦製造所)が戸手に設立される。
  • 明治22年(1889)
     塚越、古川、戸手、小向、南河原、中丸子、上平間、下平間の8村と砂子町などの5飛地が合併し、御幸村となる。
  • 明治39年(1906)
     横浜精糖(後の明治精糖・跡地はソリッドスクエアとなる)が南河原に設立される。
  • 明治41年(1908)
     東京電気川崎工場(後の東芝堀川町工場・跡地はラゾーナ川崎プラザとなる)が南河原に設立される。

大正

  • 大正3年(1914)
     アミガサ事件がおこる。
  • 大正7年(1918)
     日東製綱川崎工場(後の東京製綱川崎工場・跡地は河原町団地となる)が現在の河原町に設立される。
  • 大正10年(1921)
     戸手浄水場を設置する。
  • 大正12年(1923)
     関東大震災が起こる。
  • 大正13年(1924)
     川崎町、大師町、御幸村が合併して川崎市となる(人口48,394人)。
  • 大正14年(1925)
     明治製菓(跡地はソリッドスクエアとなる)が明治製糖の隣接地に設立される。

昭和

  • 昭和2年(1927)
     南武鉄道(現・JR南武線)が開通し、川崎駅~登戸駅、矢向駅~川崎河岸駅間を結ぶ。
     新鶴見操車場の本格的な工事が始まる。
  • 昭和4年(1929)
     南武鉄道の川崎~立川間が開通する。新鶴見操車場が完成する。
  • 昭和11年(1936)
     国道1号線の起工式を小向川崎ゴルフ場で行う。
     東京電気無線柳町工場(後の東芝柳町工場・跡地はキャノン川崎事業所となる)が設立される。
  • 昭和12年(1937)
     日吉村の一部が川崎市に編入する。
     秋田工場(後の古河鋳造・跡地はザ・ミレナリータワーズとなる)が塚越に設立される。
     東京電気無線小向工場(後の東芝小向工場)が設立される。
  • 昭和14年(1939)
     池貝鉄工所川崎発動機工場(後の神明工場・跡地は集合住宅となる)が設立される。
     芝浦マツダ工業(後の東芝タンガロイ・跡地はサウザンドシティとなる)が鹿島田駅近くに設立される。
  • 昭和15年(1940)
     日立工作機川崎工場(後の日立精工・跡地はパークシティ新川崎となる)が鹿島田に設立される。
     三菱重工業東京機器製作所(現・三菱ふそうトラック・バス)が鹿島田に設立される。
  • 昭和17年(1942)
     加瀬山で秋草文壺(国宝)が出土する。
  • 昭和19年(1944)
     川崎市中央市場(現・地方卸売市場南部市場)を開設する。
  • 昭和20年(1945)
     川崎大空襲、市街地が焼け野原となる。
  • 昭和24年(1949)
     多摩川大橋が完成する。
  • 昭和30年(1955)
     国道1号線が全線開通する。
  • 昭和34年(1959)
     川崎駅ビルが全館完成する。
  • 昭和35年(1960)
     夢見ヶ崎公園内に川崎市戦没者慰霊塔が完成する。
  • 昭和38年(1963)
     御幸警察署(現・幸警察署)が設置される。
  • 昭和41年(1965)
     南武線が全線複線化される。
  • 昭和44年(1969)
     東京製綱川崎工場が茨城県土浦市に移転する。以後工場の移転が相次ぐ。
  • 昭和45年(1970)
     南武線川崎河岸線が廃止される。
  • 昭和47年(1972)
     川崎市が政令指定都市となる。
     区制が敷かれ、幸区が誕生する。夢見ヶ崎動物公園が開園する。
  • 昭和48年(1973)
     川崎市の人口が100万人を超える。
  • 昭和50年(1975)
     幸区役所を移転新築する。
  • 昭和51年(1976)
     南武線川崎河岸線跡にさいわい緑道を設置する。
  • 昭和52年(1977)
     石川記念武道館が開館する。
  • 昭和55年(1980)
     幸文化センター(市民館・図書館)が開館する。
     横須賀線の新川崎駅が設置される。
  • 昭和59年(1984)
     新鶴見操車場が廃止される。
  • 昭和60年(1985)
     幸スポーツセンターが開館する。
  • 昭和63年(1988)
     川崎駅東西自由通路が開通する。

平成

  • 平成7年(1995)
     市立看護短期大学が小倉に開校する。
  • 平成12年(2000)
     K(ケイスクエア)タウンキャンパスが新川崎に設立される。
  • 平成15年(2003)
     日吉合同庁舎が完成する。
     かわさき新産業創造センターを開設する。
  • 平成16年(2004)
     ミューザ川崎シンフォニーホールが開館する。
  • 平成18年(2006)
     ラゾーナ川崎プラザがオープンする。
  • 平成24年(2012)
     幸区が区誕生40周年を迎える。
     かわさき新産業創造センターの新館「NANOBIC(ナノビック)」を開設。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 幸区役所まちづくり推進部企画課

〒212-8570 川崎市幸区戸手本町1丁目11番地1

電話:044-556-6612

ファクス:044-555-3130

メールアドレス:63kikaku@city.kawasaki.jp