スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

令和6年度 川崎市高等学校奨学生【入学支度金】募集要項

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年12月19日

コンテンツ番号111681

令和6年度川崎市高等学校奨学生【入学支度金】は、令和5年12月18日をもって募集を終了いたしました。


今年度から従来の紙による申請に加え、電子申請を開始します。また、申請先が学校ではなく川崎市教育委員会事務局総務部学事課となりますので、御注意ください。


「電子申請による申込」外部リンクはこちら(11月10日受付開始。それまでは表示されません。)

(5 1.イのリンクでも申込可能です。(リンク先は同じです。))

1 目的

 高等学校(中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部、高等専門学校(第1学年から第3学年まで)及び専修学校の高等課程を含む。)に在学する生徒で、能力があるにもかかわらず、経済的理由のため修学が困難な方に奨学金を支給します。

2 申請基準

  1. 申請時点から令和6年1月1日までの間において、川崎市内に住所を有する中学3年生であること。
  2. 学業成績について、中学校第3学年前期の全履修科目の評定結果の平均値が、5段階評価で3.5以上であり、在学する中学校長からの推薦が受けられること。

    ※平均値は、小数点以下第2位を四捨五入し、小数点以下第1位までの値とする。
    ※3学期制実施校の場合、1学期の全履修科目の評定結果とする。
    ※年度末のみ評定を実施している場合、前年度の全履修科目の評定結果とする。

  3. 令和4年の1年間における世帯の合計所得金額が、基準額以内であること。

基準額の目安
世帯人数2人3人4人5人6人7人
基準額(目安)約241万円約298万円約341万円約388万円約431万円約488万円
(総収入)約368万円約439万円約494万円約552万円約606万円約675万円

 ※世帯の年齢構成などにより基準額が異なります。上記の表は目安としてください。
 ※市民税の「非課税証明書」「課税額証明書」に記載されている「合計所得金額(※給与所得又は公的年金等の所得がある場合は、給与所得と公的年金等の所得から10万円を控除し算出します。)」により審査し、世帯に収入のある方が複数いる場合は、それぞれの所得を合算した額となります。
 

-川崎市高等学校奨学金【入学支度金】申請基準-
 基準額は、平成30年4月1日を基準日として、生活保護法による保護の基準の規定に従い、次の算式により算出した額とする。
 「第1類基準額+第2類基準額(冬季加算及び期末一時扶助を含む。)+教育扶助+住宅扶助+生業扶助(高等学校等就学費のうち基本額、学級費等及び学習支援費)」

3 奨学金【入学支度金】の概要

1.支給額
 ア 国・公立の高等学校へ進学する場合
   45,000円
 イ 私立の高等学校へ進学する場合
   70,000円

2.支給時期
 令和6年3月下旬

3.支給方法
 本人又は保護者名義の金融機関口座へ振込みます。

4.その他
 川崎市高等学校奨学金は、返還の必要のない給付型の奨学金です。 

4 教育委員会事務局総務部学事課への提出書類

  1. 奨学資金支給申請書・推薦書【入学支度金用】(以下「申請書」という。)
    ※紙による申請時のみ使用
     令和6年度奨学金支給申請書(入学支度金)(PDF形式,181.52KB)
     令和6年度奨学金支給申請書(入学支度金)記入例(PDF形式,226.63KB)
  2. 住民票の写し(申請者本人が記載されているもの。コピーも可)
    ※川崎市外の寮に入っている方も川崎市に住民登録があれば申請できます。事情により川崎市に住民登録がない場合は、問い合わせ先に御相談ください。
  3. 生活保護世帯の場合、被保護証明書(コピーも可。)
  4. 児童養護施設や里親に委託されている場合は、在籍証明書児童委託証明書(コピーも可)
  5. 3~4以外の人は、令和5年度市民税・県民税の課税額証明書、非課税証明書、所得証明書又は免除証明書等、合計所得金額の記載のある各種証明書(コピーも可)
    (その他の資料(源泉徴収票等)の提出は原則として無効とします。)

    ア 市税事務所、区役所(支所)市税証明発行コーナー、出張所及び行政サービスコーナーで発行するものです。確定申告ができていないと、所得の確認等ができない場合があります。合計所得金額が確認できない証明書は、再度提出を求める場合があります。
    イ 世帯人員の中で、18歳以上の全員の証明書が必要です(高校生、大学生等を除く。)。
    ウ 扶養に入られている方でも、証明書が必要です(合計所得金額は「***」等で表示されているものでも構いません)。ただし、配偶者控除を受けられていて、その状況が証明書に記載されている場合は、控除されている配偶者の分の所得証明書は不要です。
  6. その他
    (1) 提出いただいた書類は、原則として返却いたしません。

    (2) 電子申請の場合は申請書以外の書類を入力フォームに添付して、提出してください。

5 申請方法・受付期間

  1. 電子申請
    ア 電子申請書の利用者登録
    ・電子申請を希望する申請者(生徒)または保護者等は、事前に「オンライン手続かわさき(e-KAWASAKI)」を利用するための利用者登録を行ってください(申請受付期間の前でも可能です。すでに登録済の方は再度の登録は不要です。)。
    ・登録したメールアドレスとパスワードは忘れないよう控えておいてください。

     e-KAWASAKI利用者登録外部リンクはこちら

    イ 電子申請による申込
    「電子申請による申込」外部リンクはこちら(11月10日受付開始。それまでは表示されません。)

  2. 申請書(紙)による申請
    申請書は、在学している学校か、当ホームページ内「関係書類:令和6年度奨学金支給申請書(入学支度金)」から入手してください。他の提出書類と併せて川崎市教育委員会事務局総務部学事課(7 提出先)へ提出してください(学校へは提出しないでください。)
    普通郵便による提出が御心配な場合は、追跡可能な送付方法を御利用ください。
  3. 受付期間(電子申請及び申請書(紙)による申請)
    令和5年11月10(金)から12月18日(月)まで(消印有効(紙の場合))

6 調査結果の通知

  1.  教育委員会が定めた採用基準に達しているかどうか、提出された書類により教育委員会で調査を行い、結果については、令和6年2月頃に申請者の自宅へ郵送いたします。
  2.  採用者へ入学支度金を支給した後、高等学校に入学しなかったことが判明した場合は、入学支度金を返還していただきます。

7 提出先

〒210-0004
川崎市川崎区宮本町6番地 明治安田生命ビル3階
川崎市教育委員会事務局総務部学事課 電話044-200-3267

関係書類

申請書(紙で申請する場合)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会事務局総務部学事課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3267

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88gakuzi@city.kawasaki.jp