スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナウイルス感染症モニタリング状況

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月7日

コンテンツ番号118267

最新のモニタリング状況(参考数値)

これらの数値は、速報値として公表するものです。

※ 報道発表資料はこちらを参照してください。

※ 発生状況データはこちらを参照してください。

モニタリングデータ(集計期間:令和2年6月29日~7月5日)
 指標数値前週目安基準
(1)

直近1週間の新規陽性者数

41人5人

(2)

直近1週間の人口10万人当たりの

累積新規陽性者数

(陽性者数/(153万人/10万人))
2.68人0.33人 

0.5人未満

(※1)

(3)

週当たりの陽性者増加比

(当該週の陽性者数/前週の陽性者数)

8.205.00

<1(※1)

(4)

直近1週間の感染経路不明者の割合

(感染経路不明者数/陽性者数)

49%80%

50%未満

(※2)

(5)

市内医療機関における入院中の患者数(※3)

19人4人 -
(6)

直近1週間の陽性率(※4)

(陽性者数/検査実施人数)

5.45%1.08% -

※1 新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言(新型コロナウイルス感染症対専門家会議「緊急事態措置の解除の考え方」)より引用
※2 神奈川警戒アラート発動基準を準用(アラート発動基準:新規陽性者数が10人以上の時、50%以上)
※3 7月5日(日)現在の入院者数(前週分は6月28日(日)現在の入院者数)
※4 健康安全研究所及び民間検査機関による検査実績から算出(本市発表外陽性
者も含む)

評価

 6月29日(月)から7月5日(日)の市内における新規陽性者数は、首都圏各地区と同様じわじわと増加している状況で、感染経路不明者の割合を除いて、各数値とも前週を上回り、目安基準を超えています。市内医療機関における入院中の患者数もそれに従って増加していますが、新型コロナウイルス感染症に対する医療はもちろん、一般の医療を圧迫するほどではありません。
 市民の皆様におかれましては、三密をできるだけ避けるなど、これまでの注意は続けつつ、日常の生活を過ごしていただければと思います。ただ、体調不良時の外出はできるだけ避けていただきたく、また市内外で患者発生数が明らかに多いことが判明しているような所では、感染対策が取られているようなところを除いては出入りを控えて頂いた方がよろしいかと思います。

過去のモニタリング状況

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp