スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

第3西街区再開発事業(地区の概要)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2005年3月23日

コンテンツ番号3206

 当地区は、京浜急行川崎駅前に位置しており、120万都市川崎の駅前中心商業地であり、また、北口地区の顔というべき地区となっております。

 また、当地区の一部は、先に事業認可済みとなっている京浜急行大師線連続立体交差事業の区域ともなっており、連立事業の施行に際して現在の建物の除却が必要となっています。そのため、地元の再開発の機運が高まり、平成9年10月に再開発事業の都市計画決定、県知事より平成10年3月に認可を受けた再開発組合が、連立事業との調整を図りながら、再開発事業の推進活動を行っています。

上位計画における位置づけ

 当地区を含む川崎駅周辺は、川崎新時代2010プランにおいて、川崎市全体の中枢的機能を担う地区として、各種の中核業務機能、広域的な商業・生活・文化等の諸機能の集積を図り、高次な都市機能拠点の形成をめざす地域と位置づけられております。また、都市再開発方針では、特に一体的かつ総合的に市街地の再開発を促進すべき地区(2号地区)に位置づけられています。

 なお、川崎駅周辺市街地活性化基本計画においては、川崎駅東口エリアを商業重点区域と位置づけ、当事業は北口地区の顔にふさわしい商業街区の形成を進めることにより、新しい川崎都心づくりの牽引力としての役割を期待されています。

(1)所在地

 川崎市川崎区駅前本町8、9番及び30番地の一部

(2)区域面積

 約0.8ヘクタール

(3)土地利用状況

道路

 3,244平方メートル(42.0%)

宅地 公有地

 -平方メートル(-%)

宅地 民有地

 4,475平方メートル(58.0%)

合計

 7,719平方メートル(100.0%)

(4)従前建物状況

店舗

 1,072平方メートル(8.7 %)(8棟)

事務所

 329平方メートル(2.7 %)(6棟)

その他

 10,972平方メートル(88.6 %)

合計

 12,373平方メートル(100.0 %)(9棟)

※合計棟数9棟は実棟数

(5)権利者状況(事業認可時)

土地所有者

 2名

建物土地所有者

 7名

借地権者

 2名

合計

 11名

位置図

施工地区の位置図

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局拠点整備推進室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2730

ファクス:044-200-3967

メールアドレス:50kyoten@city.kawasaki.jp