教育文化会館の移転に関する検討の状況について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年1月21日

概要

平成29年度に、教育文化会館の市民館機能を労働会館の1階から3階に移転する方向性を決定しました。

移転にあたり、利用者が使いやすく、また、利用者間の交流が生まれるような生涯学習の施設となるよう、平成30年8月から10月にかけて、市民参加の意見交換会(ワークショップ)を実施しました。

皆様の御意見等を参考にしながら、平成30年度中に川崎区の市民館移転に関する基本構想を策定していく予定です。

基本構想(案)策定(平成31(2019)年1月)

教育文化会館及び労働会館で行ってきた社会教育振興事業や労働者支援事業の進展と会館の更なる活性化を図るための施設整備等のあり方について、「川崎市教育文化会館及び川崎市立労働会館の再編整備に関する基本構想(案)」として取りまとめました。

川崎市教育文化会館及び川崎市立労働会館の再編整備に関する基本構想(案)

基本構想(案)に対する市民の皆様からの御意見を募集しています。

意見交換会(ワークショップ)【終了しました】

ワークショップ開催の詳細について

教育文化会館の移転に関する意見交換会(ワークショップ)を開催しました。

開催の詳細はこちらをご覧ください。

各意見交換会で使用した資料も掲載しています。

意見交換会(ワークショップ)のまとめ

ワークショップの内容を、次のとおりまとめました。

ワークショップのまとめ

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部生涯学習推進課 社会教育施設整備担当

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-1981

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88syogai@city.kawasaki.jp